#11 媚びなくていいし、自分の価値は下げなくて良い。あなたの価値は高いから。

上司や先輩に媚びていませんか?

上司や先輩の言うことは絶対に従わないといけないと思っていませんか?

媚びたり、従うという行為は、自分の価値を下げることにつながるので、必要最低限にとどめたほうがよいかもしれません。

大前提として、あなたも僕もみんな、価値が高いです。

価値が低いということは決してありません。

だから、自分で自分の価値を下げる必要はないし、他の誰かが自分の価値を落とす権利もないからです。

1.「ほめる」も「しかる」も上下関係を確認するための行為

自分が既にできる行為に対して、過度にほめてこられたら、腹が立ちますよね?

「コピーとれるんだねー、えらいねー、すごいねー。」

みたいな。誰でもコピーくらいとれるわ!と突っ込みたくなります。

腹がたつのは、その上司・先輩が、自分に対して一切リスペクトせず、「自分はお前をほめる立場にある。だから、お前はおれにほめられたら喜べよ」という上下関係を示すために「ほめる」という行為を使っているからです。

このようにほめてくる相手は、自分に自信がなく、心のどこかで自分を尊敬してくれないと不安でしょうがないのだと思います。

そのような先輩に限って、ささいなことでめちゃくちゃ叱ってきたりします。

その人の価値感に従わない人は、いつか自分の立場を脅かす可能性があるから、それが怖くて、部下・後輩を縮こまらせるために怒っているのです。

このように「ほめる」と「しかる」を繰り返して、上下関係を明確につけて、相手をコントロールしようとするタイプの上司の下で働くと、どんどん自分の意見を出すことが怖くなり、その相手に合わせることしかできなくってくるので、注意が必要です。

距離がおけるのであれば、あまり関わらない方が良いでしょう。

2.媚びなくていいし、あやまらなくていい

それでも、そのような先輩と関わらないといけないときはどうしたらいいでしょう?

基本的に、僕は媚びなくていいし、あやまらなくていい、と思っています。

ほめてくる相手に媚びる行為や、些細なことで謝る行為に慣れてしまうと、知らず知らずのうちに、自分の価値が下がってしまうからです。

「あー、こんなことができないなんて、自分はなんてダメなやつなんだ」

とか

「あの先輩のご機嫌取りのために、これをしよう」

と考えるようになると、常に人の顔色を伺いながら、自分自身の判断で仕事することができなくなってしまいます。

改めていいますが、そんなことをしなくて大丈夫です。

大前提として、あなたの価値は高いからです。

「上下関係に従うべき」という考えもあると思いますが、この考え方は組織のトップ側の都合であって、あなたを守ってはくれません。

この考えに支配されると、人に従い続ける人生になってしまいます。

なので、媚びなくていいし、あやまらなくていいです。

3.では、どうすればいいの?

では、ほめられたとき、どうすればいいでしょうか?

叱責されたときどうすればいいでしょうか?

自分の価値を低く見積もるようなほめ方をされたときは、媚びずにまっすぐその相手を見つめ「ありがとうございます」と返す。

それでいいと思います。

このとき、一切その上司に媚びるような気持ちはなくていいと思います。

できるのは当たり前ですし、当たり前のことで喜んだ雰囲気を出してしまうと、自分がその程度の人間になってしまいますので。

逆に叱られたときはどうすればいいのでしょう?

これも、「はい」といって、「気をつけます」とでも返しておけばよいでしょう。

「ごめんなさい」と言うと、「自分が悪かったこと」になり、自分の価値を下げてしまうため、あまりお勧めはしません。

心でそう思ってなくとも、「ごめんなさい」を使いすぎると、だんだんと自分が悪かったように思ってしまいます。

謝罪の気持ちは、本当に心から自分が悪かったと思ったときのためにとっておきましょう。

もし、あまりに的外れな叱責を受けたら、がんばって言い返しましょう。

そのことで上司が無理矢理支配下におこうとするのを軽減させることができます。

まあ、自分の怠惰によるミスや、勉強不足による無知から起きるミスはある程度自分自身に責任があるので、そういうときは未熟な自分に対して、あやまったらいいと思います。

4.同様に、自分以外の人も価値が高い

ただ、気をつけておかないといけないのが、それと同様に怒ってくる上司も、なにもできないと自分が決め付けている部下も「価値が高い」人間です。

ここでいう価値が高いとは、それぞれが素晴らしい能力を絶対に持っている、ということです。

なので、どのような人であれ、上下関係はつけずに、フラットな気持ちで尊敬の念をもって接したらいいと考えています。

別に、先生になったから、上司になったから、偉いわけでもないですし、仕事ができたり、スポーツができるからといって、人間的にすごいわけでもありません。

それぞれが能力を持っている中でも、評価されている人はたまたまその能力の市場価値が高かっただけだからです。

すごいと思ったら、素直にすげーと言えばいいし、できてないと思ったら、尊敬の念を持ちながら、素直にできてない、と言えばいいと思います。

自分も価値が高いですし、他の人も価値が高いから。

だから、部下に対しての叱責も過度な賞賛も、部下の能力開花の邪魔をしているだけかもしれないので、控えていいかなと思っています。

5.終わりに

自分自身が弱っているときに、自尊心が低くなると、自分の価値を低くおいてしまいがちです。

基本的に全員調子が良かったり、悪かったりを繰り返しているので、自尊心が低いときも、自分の価値を下げなくてもいいと思います。

自分の価値が高いという前提を置き、それを習慣化すると、それに応じて自分自身の価値は本当に高くなってきます。

それに伴って、人に多くのことを提供できるようになってくるので、良好な人間関係が築けるようになってくるでしょう。

皆様が自分らしさを堂々と出して、互いに学びあいながら、成長していけるような社会になっていけばよいと願っています。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊
4

ヨガティーチャーNAOTOの日記

素直な人と書いて”直人”です。自分に素直に生きています。/九州大学経済学部卒業→ 大手鉄鋼メーカー営業→大手広告代理店マーケター・営業 /新卒で入社した会社でパワハラに悩まされたが、ヨガに出会い心身の健康を取り戻す/社会を元気にするために、ヨガで何か力になれるんじゃないかと活動中

こころの話

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。