全国41都道府県に普及した学校で使えるボウサイ教材「いえまですごろく」をもっと広めるために


本日より7月23日までのおよそ2ヶ月間、yamoryはクラウドファンディングにチャレンジ致します。今回は目標金額の150万円に対して「ALL or NOTHING」という方法を選択しました。これは「目標額に1円でも届かなかったらプロジェクトは成立しません!」というやり方です。マジでしびれます。※プロジェクトは以下のリンク先をご覧ください。

本題ですが、今回は「いえまですごろく」の第3版を作りたい!というものです。過去3年で初版1000個が約2ヶ月で、増販した1000個も約1年半かけて完売し、いまだに問い合わせがくる商品で、「学校の先生が授業で使えて、子どもたちもゲームをしながら楽しくボウサイを学べるボウサイ教材」というのが特徴です。

yamoryは「ボウサイ教育」に力を入れたいと考えています。やはり子どものうちにしっかりと学べば、大人になっても忘れない。そう思うからです。他にもボウサイ教材をどんどん作っていきたいのですが、まずはこのすごろくの第3版をしっかりと作り、必要な人に届けたいです。

そして、実は学校や学校の先生もこの「ボウサイ教育」に困っている現状がちらほらおこっているようです。急にボウサイを子どもたちに教えろと言われても・・・。という状況の中、良さそうな教材がない。そんな全国の学校で困っている先生を助けたい!そういう思いもあります。

今回は個人向けとしてお名前掲載や実際にすごろくが購入できるプラン。そして法人向けに「すごろくの盤面に企業名や施設のイラスト、商品が掲載される!」という協賛プランを作りました。これには意図があって、「子どもの防災教育の促進を、yamoryの手の中だけに置いておいてはダメだ」という想いから、多くの個人・企業のみなさんに「関わりしろを作る」というものです。ぜひ一緒に子どもたちに防災教育を届けましょう!

※下記の企業さん、担当者さんとお知り合いの方はぜひおつなぎいただけると嬉しいです!
・学習塾 ・鉄道 ・ショッピングセンター ・娯楽施設
・消化器メーカー ・トイレメーカー ・コンビニ ・病院
・道路工事会社 ・ガソリンスタンド ・ガス会社

※上記のリストにない業種の企業さん枠も6つありますので、よろしくお願い致します!

またドキドキする2ヶ月が始まります。ご共感いただけるみなさま、何卒ご協力をよろしくお願い致します!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

岡本ナオト

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。