第6回ブロックチェーン研究会|分岐的イノベーションと著作権とブロックチェーンと楽市楽座

ブロックチェーンを身近に感じる時間と空間。
ブロックチェーンの基礎や動向を学び合う時間と空間。

私たちの暮らしにどのように影響があり、活用できるのか。
私たちの仕事と生活がどう変わるのか、どう対応するのか。

参加者同士で学び合い未来を考える機会を毎月1回開催中。

インターネット以上に世の中を変える基幹的技術のブロックチェーンについて、今回も海外のインターネット情報(英語版を日本語にて解説|藤原直哉)をもとに研究している「シェアしながら学び合うブロックチェーン研究会」第6回/著作権を行いました。2018年/平成30年12月12日(水)開催。

特集/音楽とデジタルコンテンツと芸術と美術とブロックチェーン

#分岐的イノベーションでチャンスが生まれる
#デジタル技術とアナログ技術の違い
#コンテンツ搾取とブロックチェーン
#私弊と仮想通貨
#音楽家として成功するための3つの条件とブロックチェーン
#透明なシステムを求めているファン
#ブロックチェーンが入ってくることで分岐的イノベーションが起こる最大のポイント
#データの支配従属が終わるブロックチェーン
#暗黒大陸さようなら
#音楽配給の歴史とミュージシャンの生活
#MetamaskとEuthreum
#35%が85%へ
#写真家へのより良いサービスとブロックチェーン
#写真業界での持続可能な新しいビジネスモデル
#100社以下の会社が市場をコントロールしている矛盾さ
#寡占の横暴による状況の悪化
#Peer2Peerと私設市場
#ブロックチェーンとジャングルの中に道ができること
#目の前で感動させること
#偽造で困っている業界とブロックチェーンの応用
#一般的な美術のファンドとブロックチェーン応用との比較
#トークンの発行と流通範囲と経済圏
#明治の初めは国内で200以上の通貨が使われていた
#金銀銅と藩札と民間有力商人手形と私札
#両替商の世界と仮想通貨の世界
#私弊経済圏の意味とサービスの価値

藤原直哉の解説、参加者の皆さんと共に、気づき合い、学び合いました。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

当日の藤原直哉解説動画(02:06:58)・参考動画・参考ページは、下記よりご覧いただけます。
*質疑応答・シェアタイムの部分で、参加者の方や特定の個人等を識別できる部分につきましてはカットされていますので予めご了承ください。

”インターネット、リーダーシップも日本語がありませんが、ブロックチェーンも日本語がないんです”
”技術を開発しただけではなく、生活の仕方や仕事の仕方が変わらなければイノベーションとはいえません”
”投資目的ではなく、サービスを受けるための仮想通貨スタイルもあるんです”
”農家自身が自分のブロックチェーンプラットフォームを置いておく時代です”
”今まで美術商や仲買がやっていた目利きを、川上の農家やクリエーター自身が、誰が見ても品質がわかるデータを全自動で記録していく時代です”
           経済アナリスト・藤原直哉(藤原情報教育研究所)

この続きをみるには

この続き:2,035文字

第6回ブロックチェーン研究会|分岐的イノベーションと著作権とブロックチェーンと楽市楽座

藤原情報教育研究所|藤原直哉

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2

シェアしながら学び合うブロックチェーン研究会

毎月第2水曜日12:00〜15:00 開催中(2018年6月〜) 適宜質疑応答とシェアタイムありの参加型勉強会です! インターネット以上に世の中を変える新しい信用基盤の構築、ブロックチェーンについての海外情報(英語版を日本語にて解説|藤原直哉)をもとに研究しています。 ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。