見出し画像

人が来る職場

「これからますます人材難になるから、AIやロボット、マテハン、ICTを積極的に導入し、今より少ない人で、業務を回せるようにしなければならない」

このような認識をお持ちの経営トップは、多いでしょう。

なかなか人が採れなくなっている企業から、このような省人化・省力化の取り組みが進んでいます。

方向性について、私も正しいと思います。

しかし、本来は、もっとスピードを上げなくてはならないと感じます。

なぜなら、機械化・自動化・ICT化によって、省人化・省力化が進んでいない職場には、人は来なくなるだろうからです。

誰が、わざわざ旧来のたいへんなやり方で仕事をしたいと思うでしょうか?

もう”待ったなし”です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!明日もよろしくお願いしますm(_ _)m
4

橋本直行

船井総研ロジ株式会社で、物流企業の業績アップをテーマに、経営コンサルタントをしています。 1972年9月生まれ。

トップの視点

企業の永続的発展のために、経営トップが持つべき視点について、考えていきます。 過去記事は、こちら http://www.ecologi.net/hashimoto/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。