困りごとに寄り添うメガネ屋さん

2019年よりぺたごぎっくでは様々なお店や取り組みを紹介する事業を始めました!第一段は奈良県橿原市にあるJOY VISIONさんをご紹介させて頂きます!

凄くお洒落なめがね屋さんです。
内装からもこだわりたっぷりなのがわかります。

JOYVISIONさんには目が見えにくいという困りごとだけではなく、様々な悩み事を抱えておられる方が来店されるそうです。
今回は困りごとを解決するJOYVISIONオーナーの松本さんにそのこだわりについてお伺いしました!

*松本さんについて*
18歳からめがね職人のキャリアを築かれています。
大手チェーン店や眼科付属めがね屋などさまざまなところで経験を積み、技術を身につけられてきたそうです。
当初から安くてすぐに出来上がるめがねの提供よりも丁寧に悩みに寄り添い提案することを大事にされており、その理想をさらに追求するために独立されました。
2011年3月2日にJOYVISIONをオープンし、今では様々な専門機関から紹介を受けるほど有名なお店になっています。

・・・インタビュー
(中川)すごく落ち着く雰囲気のめがね屋さんですね。JOYVISIONさんのこだわりのポイントをきかせていただけますか?

(松本)当店では出来る限りお客さんのお困りごとに寄り添うようにしています。
見えにくくて、どんな時にどのように困るのかをしっかり聞かせていただき、その解決方法を一緒に考えさせていただいています。
特に、目の問題は目だけであることは少なく、いろんなことが積み重なっています。まずはその問題の交通整理を一緒にさせていただいて、その問題がどのようにしたら解決できるのかを考えています。

(中川)すごく丁寧に困りごとによりそってくださるのですね。めがね屋さんってそうしたイメージがなかったので、すごく嬉しいことですね。でもなぜそのようにされているのですか?

(松本)見えにくくて困っていることは実はシンプルなんです。それでも見え方は100人100様です。普段の生活様式や様々なことが影響しています。その人を見ないと見え方はわからないんです。なので入店された時からその人の検査はもう始まっていて、その人の特徴を見させてもらっています。

(中川)“目だけでなく、その人をみる”というのは素敵なコンセプトですね。そうして、ここでめがねを購入されている方へ日々のお困りごとを解決に導いていくのですね。

(松本)日々のお困りごとを聞いた後にはしっかり検査もさせてもらっています。通常の屈折検査だけでなく、両眼視機能検査や収差などを調べて、見え方の質についてはしっかり検査させてもらっています。

(様々な機械を紹介下さる松本さん)

ただ、検査だけでは一方的な決めつけになってしまう恐れがあるので、しっかり聞き取りを行っています。

(中川)見たことない検査機器ですね。こうして様々な検査、丁寧な聞き取りでその人を全体的に捉えれる様にされているのですね。ここに来店される方はどのようなお困りごとを抱えておられることが多いのでしょうか。

(松本)お困りごとは多種多様ですが、うちでは発達に問題を抱えたお子さんも多く来店されます。視覚認知が悪く、板書が写すのが苦手、読み書きが苦手、というお困りごとを抱えておられるお子さんも来られます。そうした場合にはめがねの提供だけでなく、視機能トレーニングも合わせて行っています。

(中川)めがねだけでなく、様々なサービスがあるのですね。素敵なお店紹介を聞かせていただいて、ありがとうございました!

今回はぺたごぎっくの一階にあるめがねJOYVISIONさんにインタビューさせていただきました。
お洒落な店内、こだわり抜かれた検査、お困りごとに寄り添う姿勢…ほんとうに素敵なめがね屋さんです。
こだわりのめがねをお買い求めの方はぜひJOYVISIONへ足をお運びください♪

*お店情報*
営業時間 9:30-19:00
定休日   水曜日
予約制
ホームページ

*ぺたごぎっくではお店の宣伝・広報を代わりにさせて頂いています。
ご希望の方はお問い合わせください♪

*取材チームと松本さんのイラスト*

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。