見出し画像

ナッツの万馬券倶楽部 #53

今年のオークスを予想するにあたって、過去10年まで遡ってみました。

【2018年 オークス】
1着 アーモンドアイ ※1人気(桜花賞1着)
2着 リリーノーブル ※4人気(桜花賞3着)
3着 ラッキーライラック ※2人気(桜花賞2着)

2着のリリーノーブルは東京1600mを勝利経験有り。
3着のラッキーライラックはG3アルテミスステークス(東京1600m)を勝利。



【2017年 オークス】
1着 ソウルスターリング ※1人気(桜花賞3着)
2着 モズカッチャン ※6人気(フローラS1着)
3着 アドマイヤミヤビ ※2人気(桜花賞12着)

1着のソウルスターリングは東京1800mを勝利経験有り。
2着のモズカッチャンはG2フローラステークス(東京2000m)を勝利。
3着のアドマイヤミヤビは東京2000mとG3クイーンカップ(東京1600m)を勝利。



【2016年 オークス】
1着 シンハライト ※1人気(桜花賞2着)
2着 チェッキーノ ※2人気(フローラS1着)
3着 ビッシュ ※5人気(フローラS5着)

2着のチェッキーノはG2フローラステークス(東京2000m)を勝利。
3着のビッシュは東京1800m勝利経験有り。G2フローラステークス(東京2000m)で1番人気ながらも5着。



【2015年 オークス】
1着 ミッキークイーン ※3人気(忘れな草賞1着)
2着 ルージュバック ※1人気(桜花賞9着)
3着 クリミナル ※6人気(桜花賞2着)

1着のミッキークイーンはG3クイーンカップ(東京1600m)2着。
2着のルージュバックは東京2000mを勝利経験有り。



【2014年 オークス】
1着 ヌーヴォレコルト ※2人気(桜花賞3着)
2着 ハープスター ※1人気(桜花賞1着)
3着 バウンスシャッセ ※3人気(皐月賞11着)

1着のヌーヴォレコルトは東京1600mを勝利経験有り。



【2013年 オークス】
1着 メイショウマンボ ※9人気(桜花賞10着)
2着 エバーブロッサム ※5人気(フローラS2着)
3着 デニムアンドルビー ※1人気(フローラS1着)

2着のエバーブロッサムはG2フローラステークス(東京2000m)2着。
3着のデニムアンドルビーはG2フローラステークス(東京2000m)を勝利。



【2012年 オークス】
1着 ジェンティルドンナ ※3人気(桜花賞1着)
2着 ヴィルシーナ ※2人気(桜花賞2着)
3着 アイフォーリス ※9人気(フローラS1着)

2着のヴィルシーナはG3クイーンカップ(東京1600m)勝馬。
3着のアイフォーリスはG2フローラステークス(東京2000m)2着。



【2011年 オークス】
1着 エリンコート ※7人気(忘れな草賞1着)
2着 ピュアブリーゼ ※8人気(フローラS3着)
3着 ホエールキャプチャ ※2人気(桜花賞2着)

2着のピュアブリーゼは東京1800m勝利経験あり、G2フローラステークス(東京2000m)3着。
3着のホエールキャプチャはG3クイーンカップ(東京1600m)を勝利。



【2010年 オークス】
1着 アパパネ ※1人気(桜花賞1着)
1着 サンテミリオン ※5人気(フローラS1着)
3着 アグネスワルツ ※8人気(フローラS2着)

1着のアパパネは東京1600m勝利経験有り。
1着のサンテミリオンはG2フローラステークス(東京2000m)を勝利。
3着のアグネスワルツはG2フローラステークス(東京2000m)2着。




【2009年 オークス】
1着 ブエナビスタ ※1人気(桜花賞1着)
1着 レッドディザイア ※2人気(桜花賞2着)
3着 ジェルミナル ※4人気(桜花賞3着)

全馬、東京コースの経験なし。





ポテンシャルの高い馬は別として、オークスは過去に東京コースで結果を残している馬のが成績がいい。

それらを踏まえて今年のオークスを予想してみました。




ダノンファンタジー
2歳女王。
1番人気に指示されながらもG1桜花賞4着。
今回、少し人気を落としてきそう。
東京コースは経験しているが東京コースでの勝ち鞍がないのは少し評価を下げる。
だがこのメンバーの中ではポテンシャルは高いと思う。




コントラチェック
G3フラワーカップの勝馬。
フラワーカップを見る限りでは強いと思ったのが率直な感想。
前に行く馬なので絶好枠を引いたと思う。
そして鞍上が今、勢いの波に乗っているオーストラリアの天才若手騎手レーン。
ただ、東京コースの経験がないのはマイナス要素。
逃げ馬にとって東京コースの直線の長さもマイナス要素。




クロノジェネシス
G3クイーンカップの勝馬。
その他にもG1桜花賞3着、G1阪神JF2着とG1でも安定した成績を残している。
東京コースの重賞を勝ち、東京コースで2勝あげているのは評価が高い。




シゲルピンクダイヤ
G1桜花賞2着。
成績は全て馬券圏内だが、今まで走ってきたところが全て1600m。
父がダイワメジャーだが、母父は欧州の血統だから距離的には問題はないと思うが。
ただ、東京コースの経験がないのはマイナス要素。




ラヴズオンリーユー
無敗の馬。
まだ強い所とやりあってないので強さとする物差しがない。
だが可能性としてはそのぶん魅力でもある。
過去に忘れな草賞からオークス馬も誕生しているので侮れない。
ただ東京経験もなければ輸送経験もなし。
もちろん左回りも経験していないのでこの馬にとっては初めてのことばかり。




シェーングランツ
ソウルスターリングの妹。
ソウルスターリングは当初怪物と騒がれた馬。
ソウルスターリングはオークス以降パッとしないが、シェーングランツも半妹なので怪物の血が流れているはずなのでポテンシャルは高いと思う。
G3アルテミスステークスの勝馬なので東京コースで勝利経験有り。




ウィクトーリア
G2フローラステークスの勝馬。
母がG1馬ブラックエンブレム。
東京コースで実績を残しているので穴馬としては期待できる。



ビーチサンバ
G1馬フサイチリシャールの全妹。
G1阪神JF3着、G3クイーンカップ2着、G3アルテミス2着、G1桜花賞5着と重賞レースでも掲示板を外したことがない。
未だ1勝馬だがポテンシャルは高いと思う。
東京コースの重賞で2度2着という実績は買いたい。




シャドウディーヴァ
G2フローラSの2着馬。
過去6走中5走が東京コース。
東京でも勝ちを経験しているので面白い穴馬になってくれそう。




ジョディー
G2フローラステークスの3着馬。
東京コースの重賞では2度3着に入っており、 東京コースでは2勝あげている。
東京コースでの経験値は高い。




フェアリーポルカ
G2フローラステークス5着。
フローラステークスでは4番人気で大外枠。
枠さえ違えばもっと良い成績を残せていたはず。
父がルーラーシップなので距離延長+東京コースは魅力的。
たいした成績は残せていないが面白味を感じる穴馬。






【ナッツの予想】
◎クロノジェネシス
○シャドウディーヴァ
▲ビーチサンバ
△ウィクトーリア
△ラヴズオンリーユー
△シェーングランツ
★フェアリーポルカ





今年のオークスは荒れると想定し、穴馬多めで予想しました。
桜花賞組より桜花賞組でない馬たちに期待多めです。
そんなときに限ってガチガチで決まるのかもしれませんね。

僕が予想に入れてないダノンファンタジー、シゲルピンクダイヤ、コントラチェック辺りが来たりして(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Narcissus Natsumura/夏村ナルキッソス

Team・Now Romantic。 ロマンチスト。 生まれも育ちも修羅の国・北九州。 中洲産業大学卒業。 自分、ナルシストです。 自分、大好きです。 競馬、大好きです。 愛するものは愛されるのです。

ナッツの万馬券倶楽部

競馬大好きな僕が、僕なりに競馬の魅力を伝えていくマガジンです。 ちなみに、馬券の的中率はかなり低いですww
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。