成馬零一

成馬零一(なりま れいいち) ライター・ドラマ評論家 インディペントWEBマガジン「ich」〈イッヒ〉発行人

MIC RAW RUGA、初MV「CONCORDE」を公開。 7/28(日)定期公演で新メンバーお披露目。

MIC RAW RUGA(laboratory) 
MV「CONCORDE」公開

E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)による初めてのミュージックビデオ「CONCORDE」がYouTube上で公開された。

MIC RAW RUGA(laboratory

もっとみる

EX大衆2019年8月号の「音楽誌がやらない電気グルーヴ論」を書きました。Eチケさんのインタビューもあります。

電気グルーヴ論を書きました。ピエール瀧逮捕以降の流れを踏まえた上で、電気に影響を受けたオールナイトニッポン世代の視点から電気について描いてます。トピックは以下のとおり。

・瀧逮捕の衝撃
・電気グルーヴのオールナイトニッポンとは
・俳優としてのピエール瀧
・電気グルーヴの音楽性その変遷
・E TICKET PRODUCTIONインタビュー 
・ファン視点から考える石野卓球論

Eチケさんとは瀧逮捕

もっとみる

最近のお仕事

リアルサウンド

日刊サイゾー

サイゾーウーマン

ビジネスジャーナル

メルマガプラネッツ

『さらざんまい』と『セーラームーン』

6話が素晴らしくて放心状態で、ずーっと『さらざんまい』のことを考えてる。リアルサウンドの原稿書く前に幾原監督の過去作見てたけど、『ウテナ』は長いので、『輪るピングドラム』と『ユリ熊嵐』を見た。テーマ的なものとか演出はどんどん先鋭化してるけど、一方で気になるのが、幾原監督が持ってる大衆性というか通俗的な懐の広さで、実はすごくベタでわかりやすいんじゃないかなぁって最近は思ってる。ユリ熊で熊が襲ってくる

もっとみる

最近のお仕事(さらざんまい、他)

『さらざんまい』は、今一番、気になる作品。幾原監督の新作ということで、リアルサウンドにお願いして書かせていただきました。プリレジェ座談会で話した期待に今のところ、すごく肉薄している感じです。

 細部について書き出すとキリがないので、とりあえず入り口になるような書き方で内容にはあまり踏み込んでないです。入門的にさらっとどうぞ。

日刊サイゾー

昨年、『宇宙を駆けるよだか』を見てずっと書きたいと思

もっとみる

視聴率について

『いだてん』関連で視聴率の記事が増えて、視聴率が取れない要因をあれこれ分析する記事とか読んでて思うのは、もう視聴率って100害あって一利なしだなぁってこと。面白さの指標としてはまったく機能してない。

リアルサウンドの平成ドラマ対談でも話したけど、視聴率が指標として機能したのはせいぜい90年代までで、それ以降はどんどん実際に面白いと思った作品と、視聴率をとる作品がズレてきてる。だから自分で書くとき

もっとみる