8月22日公開セミナー「確実に売れる店舗を創る方法」レポート④

今回のキーワードは「熱量」「圧倒的努力」
これをサロンのメンバーにも意識して欲しい。みんな売り上げは伸びているし、ここで学んだことをやり切ったらすごい成果が出ると思うし、その成果を情報発信していきたい。

今回はそんな内容となっています。

今この瞬間に売り上げ20%伸ばすって、超難易度高いって思うんですよ。ボクも今までは、時間をかけてやろうとか、モデル的にしんどいしとか、そういう言い訳を自分にしてたわけです。でも、今この瞬間に20%上げる技術ってすごく大事で、それを考えた時に今の自分って未熟だなって思いませんでした?思いますよね?

ボクは箕輪編集室に入っていて、箕輪さんが「情報が爆発している」って良く言うんですね。でも、そうは言うけどボク自身あまり体感がないと言うか、そこまでボクの感度がないんですよ。
箕輪さんの「情報が爆発している」と、堀江さんの「情報ジャンキー」って一緒なんだと思うんですが、まだまだそこまでアンテナもないし、収集の仕方もわからないから、まずはこのサロンの中で、みんなが持っている情報を提供し合って行きたいんです。そしてその上で能力開発をしていく

そこでね、箕輪編集室でなおさら実感しているのが、このフレーズなんですよ。『圧倒的努力』。やっぱりこれが必要だなって。
前回、メンタリストDaiGo の会社の売り上げの話しましたっけ? 売り上げ6億ですよ。もう何なの?悲しくなる。ボクも業界の中では稼いでいるって言われてますけど、足元にも及ばないんですよ。

なんで6億稼げるんだろうって考えると、やっぱり努力が全然違うんですよ。改めて思うのは、研修でもよく話すんですけど、ボクの1年間の読書の金額が80万円ぐらいだった時に、メンタリストDaiGoは読書に1,000万円使ってるんですよ。
だってメンタリストDaiGoってスタンフォード大学に本を買いに行んですよ。俺そんなこと言ったことないもん。スタンフォード大学に本買いに行ってきます、って言う?そんな洒落たセリフ、一生使わないでしょ?
DaiGoすごいよねってみんな言うけど、絶対死ぬほど努力してると思うんですよ。

DaiGoは人の心を読むじゃないですか、堀江さんとババ抜きして勝ってるわけです。それはすごい科学的なんですよ。表面化しているのはそういうパフォーマンスだけですけど、そこにたどり着くための努力の量は尋常じゃないなって。
テレビで活躍している人たちを見ていても、実際に会った時も、水面下で遊んでたりしないし、メチャクチャ勉強してる。俺と努力の量が違うなって思うんです。年間80万円分本を買ってたからなんなんだお前、俺の努力の十分の一だろって言われたらそれまでなんです。

パフォーマンスはどうかというと、ボクは10万部を超えた時に彼は100万部を超えてたんですよ。読書の金額は80万と1000万。努力の量に比例してるんですよ。その時に改めて思ったのは、「俺、全然足りない」って。箕輪さんの『圧倒的努力』っていう言葉が出てきたんです。
その『圧倒的努力』って言葉を誰が使ってるかと言うと、幻冬舎の社長の見城さんで、その言葉を使い始めて、それをホントに体現したのは箕輪さんなんですね。

落合陽一さんって、箕輪さんとよく一緒に出てくるんですけど、彼も圧倒的努力をしてるわけです。1日3時間ぐらいしか寝てないんです。

落合さんは努力って言いませんけど、ボクから見たらやっぱり努力が違うわって思って、最近ボクはギアチェンジしたんですけど、会社の売り上げがすごい伸びてるんですよ。
結局、自分の会社の売り上げが伸びる伸びないってのは、本人の心構えで決まるなって思うんですよ。今までは、“このぐらいでいいや”って妥協してたんだなってってことをすごい実感してるんです。だから今はすごい充実感とか達成感があって、クライアントの売り上げもどんどん伸びてるんですよ。何でそうなったかって言うと、今までの1年間分の努力をこの3、4ヶ月でやり切ったからだと思うんです。

それぐらい勉強してるし、結果にも表れたんですよね。でも、まだまだギアを上げていかなきゃいけないと思ってます。車の運転で言えば、今までは80 km/hぐらいのマイペースで運転してて、満足しちゃってたんですけど、今はアクセル踏んだら3、4秒で100km/h行っちゃうポルシェみたいなエンジンが必要だって思ったんです。
で、そのエンジンはどうしたら手に入るかってことを、ある企業の研修で話してきたんですけど、やっぱり目的。目指すところはどこにあるのかっていう目的なんだなって思ったんです。どこで自分が満足するかってこと。

俺、喋っててもテンション上がっちゃうんですけど、熱量と圧倒的努力ってこの二つのフレーズが、最近すごいしっくりきていて、ボクのオンラインサロンのメンバーも、みんなそうなって欲しいんですよ。それこそ白目むくまで仕事して欲しいし、そのまま倒れて朝起きて、今日もやり切るぞ!みたいな、そういうチームにしたいんです。

そうやってみんながガンガン成果作ったら、オンラインサロンももっと人が集まってくれると思うんですよ。今のFacebookやnoteってボクのセミナーの内容が中心ですけど、前にYさんに成果をアップしてもらったじゃないですか。それをみんなが週一で全員がアップしていったら、もっと人も集まると思うんです。

サロンの中には文字を読むだけで満足しちゃう人たちもいるんですけど、そういう人たちもセミナーに来て欲しいし、そのカギを握ってるのは今のこのメンバーだと思うんです。みんながサロンで学んだことを現場でやり切って、バンバン情報発信したら、やっぱセミナー行かなきゃ、って思ってもらえると思うんです。
そういう人たちがセミナーに来るようになって、また新しく人が入ってくる。そういう好循環を作っていきたいって思うんです。

みんなちゃんと売り上げも伸びているし、サロンの中でお互いに貢献できていることを実感したら、もっと違う情報を収集したくなるハズなんですよ。そうやってみんながそれぞれの業界で成果を作れる、最強の集団にしたいです。

レポートの連載は不定期になりますが、次回もご期待ください。

少しでも興味を持っていただけたら、下記のオンラインサロンを覗いてみてください。きっと悩みも解決できることと思います。

レポート担当:柴田(junx2)

成田直人オンラインサロン詳細はこちらをクリックしてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

成田直人オンラインサロンセミナー報告

不定期に行われるオンラインサロン向けセミナーの文字興し。ノウハウたっぷりですのでぜひご自身のお仕事に活かしていきましょう!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。