誰も聞かない音楽理論のまとめ表

エイトビート、スウィング、ハーフシャッフルとかよく分からん言葉も出てきますし、裏、表など、曖昧にも思える言葉も出てきます。

年代、  表裏(BPM) 曲頭のビート  名前
30年代 裏(120から200)シャッフル 流行歌

40年代 裏(60から120)ゆっくりスウィング 歌謡曲

50年代 表(120から200)、スウィング ムード歌謡

60年代 表(60から120)、ハーフシャッフル、演歌やテレビ歌謡、GS

70年代 裏(120から200)、エイトビート、フォーク

80年代 裏(60から120)、ハーフスウィング、アイドル歌謡、バンド

90年代 表(120から200)、シャッフル、第二次バンド≒パンクロック、メロコア

00年代 表(60から120)、ゆっくりスウィング、青春パンクロック

10年代 裏(120から200)、スウィング、アイドルとか、テクノ

20年代 裏(60から120)、ハーフシャッフル、?

30年代 表(120から200)、エイトビート、?

40年代 表(60から120)、ハーフスウィング、?

ハーフシャッフル、スウィング、ハーフスウィングの3つと
早表、遅表、早裏、遅裏の4つが回ってると考えると、
もしどちらも10年単位なら、単純計算で120年周期で、音楽の流行は回っていることになる。

遅いか早いか倍速の関係で、シャッフルはハーフシャッフル、エイトビートはゆっくりスウィング、スウィングはハーフスウィングと呼ぶみたい。

んなことをつらつら表にしてみました。

小説家になろうにもナル/ベd10の名前で、同じ文を書いてます。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

作った曲!

作った曲!おすすめは時間と暗闇、黒魔、白色の夕日、憂鬱、信用の歌
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。