The Life in Depok, Indonesia #1

2015.11.17

【友達を訪ねてインドネシア大学のあるデポックへ】

この日はフィリピンのマニラを発ってシンガポール空港経由でインドネシアにやってきました。日本の東北大学に交換留学をしていたAndhikaを訪ねてついにここまで来ました!笑 実はそこまで深い知り合いではありませんでしたが、「インドネシアに行くよー!」と言ったら歓迎するとの返事が。インドネシアの人はオープンですね。ありがたい。泊まる所は大学近くのマルゴンダレジデンスというアパートを1週間借りることになっています。下の写真はジャカルタ市内。高層ビルが建ってきているようですね。フィリピンと少々様子が違って日本企業の進出のすごさが目に飛び込んで来る看板から伺えます。この写真じゃわからないけど。

空港からブルーバードというお高いけど安全なタクシーに乗ってDepokまで来ました。Depokというサインを見て一安心。高いとはいっても2時間くらいのって3000円いかないくらい。渋滞がなければもっと早く着きます。

Andhikaは大学の学会に出ているとのことで、直接その会場に行くことになっています。マルゴンダアパートで見かけたドイツ人留学生に「大学行くなら連れて行って!」とお願いし、なんとか大学まで行くことができました!

大学の敷地はとっても広く、本当に大きな池があります。ですから橋もあります。

向こう岸に見える赤い屋根の建物はすべて大学の研究棟です。とても立派に見えます。(後から友達に聞いたら雨漏りがひどく、外見だけの、政治家の汚職建築だとか。まあそれはさておき)インドネシア大学は優秀な大学の一つで秀才がたくさんいるそうです。というかそう感じました。

Andhikaが議長を担当している学会とは、経済学部の学生が自主開催している学会でした。名前は「The 13th Economix Conference:Asian Economic Challenges」といいます。学生がアジア各国の代表の役割を担い、持続可能な発展のための施策を議論します。すごくおもしろい!議論はすべて英語です。形式は完璧なアカデミックで、サイトも充実。URL張っておきます。http://economix-febui.com/tentang-kami

こちらがその写真。今はバッと集まって5分間MTGの時間。しっかり時間も図ってスピード感あります。英語みんな強いな。こんなところで戦えるようになりたい。

このカンファレンスの後は学校で遅めのランチをいただきました。

Andhika曰く、この場所は高いところらしいです。このくらい食べて、飲み物のティーも入れて450円くらいだったと思います。もっと安いところでは200円以下でお腹いっぱいになります。チキンと、Red Rice、ほうれんそうとおとうふの炒め物でした。インドネシアの通貨Rupiaは右肩上がりの経済で物価があがってインフレ気味です。なので0がいっぱいつきます。100ルピーで0.9円です。面倒なので100ルピー1円で計算してました。なので、450円相当の紙幣は45000ルピーになります。コインがもう価値がなさすぎてすべて紙幣で払うのですが、0が多過ぎて使うのが難しいいいいいいい!!!!

2日目以降から右端の00を無視して円で考えるようになりました。なので

45000ルピーは450円。これでざっくり計算でやっていけます。物価が安すぎて交換したお金がいっこうに減っていかないので、お金持ちの気分になります。

Andhikaに100ルピーは廃止してしまえば良いのではないかと聞いたら、ジャカルタでそれはできるかもしれないけど、地方の貧困層、低賃金層もいるのでそれを国全体でやるのは無理と言ってました。そうか、そういうこともあるんだ。

上の写真は土砂降りの様子。午後の暑い時間に降るスコールです。今回は雨季なので雨もすごい。雨の量が多過ぎて道路が30分ほどで水深5cmくらいになります。なので、道路わきの側溝も非常に大きく深く作られています。Depokはまだまだコンクリートが敷かれていない場所が多く、赤土がどこからともなく流れてくるので、この日のズボンはどろどろになりました。

家に帰って着替えて夜は近くのモールに行きました。ストリートフードとかが普通に売られている横に現代的なモールがあるのでちょっとびっくりです。社会が勢いよく発展しようとしているのですね。

こちらはAndhikaおすすめの「バミー」「MIE」は麺と言う意味です。「ば」は肉。なので訳すと「肉麺」奥のスープをかけて混ぜて食べます。インスタント麺のようですが、味は美味しい!フードコートには日本食、中華、麺類などが並びます。ご飯もある。

このフードコートでさらに頼んだのが、今大人気らしい「シーリン」という唐揚げスナックのようなものです。台湾発らしく、お値段は360円。現地人には高いのですが、美味しいので人気があるみたいです。チキンを揚げて、クラッシュしてからさらに揚げ、塩コショー・チリなどのスパイスや海藻のパウダーがかかっています。

見ためこんな感じ。高級ぽてちという感じです~。

インドネシアでは今スマホゲーム市場がとても伸びています。私のスウェーデンの友達もゲーム会社を作りましたが、ゲームのテストローンチはインドネシアでやっています。まず、税金が安いのと、人口が多いのでゲームのテストがしやすいのだとか。このゲームは違うゲームですが、今とても人気だということ。タップしてすべての線とサークルをつなげるようにしていきます。

完成するとこうなります。

挑戦しましたが、最初はとても難しく、慣れると簡単になっていきます。時間をつぶすには最適ですね。空港の待ち時間とか。
この夜ごはんの後はモールの映画館で「SPECTER」見ました。ジェームズボンドをまさかインドネシア旅で鑑賞することになるとは。借りたアパートのマルゴンダレジデンスは綺麗でした。暖かいお湯も出ますし、トイレも水洗で、快適でした。

窓から見える風景。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

ちばなる

Indonesia Trip

インドネシアのジャカルタとジョグジャカルタに行って現地人と暮らして来ました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。