第9話【春の訪れ】


雪解けの季節。札幌では生き物が地中から出てくるのはまだもう少し先ですが、雪に混じっていた砂利やゴミなどがたくさん現れます。歩いていると砂利は靴の中に入り込み、ほんの少しモヤモヤ。ゴミは冬に誰かが歩きながら捨てたのか、カラスが漁ったゴミが飛んできたのか、あまりにたくさん見るのでそれもモヤモヤします。そんなある日、雪山でタバコの火を消してそのまま埋めていった人を遠くで見かけました。モヤモヤはピークに。そんなことを知らない子供がやってきて、そこの雪で雪玉を作ったりしたらとてもかわいそう。それをやる人はそういうことを考えたことがないのだろうな。
でもね、人間は都会で生きているだけでゴミをたくさん出し続けているとんでもない生き物なのですよ。だからなんだか人のこと言えないかもなっていう話です。
北海道の春はまだまだ先。もう少しグッと暖かくなるのを待ちます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

幸あれ乁(๑˙ϖ˙๑乁)
2

阿部成美

あべちゃんほわっと物語

2019.1〜 instagram(@narumiabe_perdrart)にて先行発信 不定期更新
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。