子どもを手放す母性

友達が妊娠した。しかし、出産してすぐに養子に出すという。産まれたら名前もつけず、うちにつれて帰ることもなく、そのままNPOを通じて別の家庭に引き取ってもらうそうだ。

事情があって育てられないが、中絶するのではなく養子という選択肢を選んだ。

彼女は私が知っている人のなかで、誰よりも美人だ。目鼻立ちがはっきりした顔は「人形みたい」という言い方が本当にぴったりで、立っているだけで華があった。でも中身はだらしなくて、適当で、寝坊してバイトに遅れてもあっけらかんとしているようなタイプだった。

そんな彼女が妊娠をし、養子にする決意をした。

出産しても、金銭的に育てることが難しい。
むりに育てても、お金がないからきっと子どもに苦労させてしまう。
だけど、なかった命にはできない。
だったら、実の親のもとで苦労するよりも、どこかで新しい両親と暮らしたほうが幸せだ。

どの家庭に養子にいくかはわからないが、子どもを望んだけど授からなかった人のもとに行くという。だから新しい両親は、実の子じゃなくてもきっと大事に育ててくれると思う。

私にはその考えが正しいかどうかなんてわからない。それがベストなのかもしれないし、中絶できるならしたほうがいいのかもしれないし、産んだらどんな状況でも育てたほうがいいのかもしれない。だけど、正解だと思われている道を選んだとしても、本当に正しいとは限らないことなんて世の中にはたくさんある。

親という存在は、子どものために何かをしてあげたいと思うものらしいと知ったのは、私が幼稚園くらいのときだった。家族でカニを食べていて、お父さんとお母さんは私とお姉ちゃんにおいしそうな部位を選ぶようにすすめ、自分たちが食べる分は後回しだった。私はそれが不思議だったが、お父さんは「親は自分のことよりも子どものために行動したいものなんだよ」と言った。あなたも大人になったらわかる、と。

26歳の大人になった私は、まだ自分のことしか考えられない。安易に想像するのも失礼かもしれないが、私が同じ状況だったら自分が産みたいと思えるのかどうか。将来子どもを育てていくことに問題はないのか。どうしても自分を基準にしてしまう気がする。そう考えるのは私がまだ誰の親でもないから? 本当に同じ立場になったら変わるもの?

子どものことを考えて産む選択肢をとった。
子どものために自分は育てないことを決めた。

子どものことを一番に考えたうえでの彼女の選択からは、ふさわしい言い方かはわからないけれどものすごく母性を感じた。

久しぶりに会った彼女は、とてもお腹に赤ちゃんがいるとは思えないほど変わらずキレイだった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
61

成瀬瑛理子

コメント1件

そうですね、キレイの定義は難しいですが若さはなくなっていくものですよね。事情があって育てられないので、もうすでにお腹にいながら痛いくらい喪失感があるのだろうと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。