お金は常に無いものだ

お金は常に飛んでいくものだと私は思っています。お金は評価になるものだと考えているためです。
いいサービスや、物を受け取った時に、その価値分のお金を代わりに渡す。これが売買なわけですが、これって大事だなぁと思うわけです。

例えば、最近ではソーシャルゲームが人気ですが、無料でもある程度は遊べるし、不自由がなかったりします。
私はそのようなソーシャルゲームをしています。そのゲームのファンです。所謂、ガチャで自分の好きなキャラが引けるかもしれないというキャンペーンの時は、課金をしたりします。それで好きなキャラが引けるかもしれないし、引けなくてもその課金したお金が回り回ってゲームの運営資金になるならそれで良いと思っています。
それでそのゲームに新展開があったり、別で新たにイベントが開催されると嬉しい気持ちになります。
この循環が大事だと思うのです。

お金を払わずにいいサービスや物が欲しい。そりゃあ、欲を言えばそうなんですけど。
綺麗事だけでは、会社なり組織なりは存続していけないのです。
好きなもの、例えば小説にお金を使う、すると続編が出る。WIN-WINだと思うのですが。

最近では、その対価を満足に払わずに、大声で喚くだけの人種も居たりするのです。
お金を払う人ばかり優遇してずるいだとか、高い、だとか文句を言う。
お金を払う価値を見出せなかったなら、去るしか無いはずなのですが…。

昔は中古でゲームや漫画を買ったものですが、今では出来るだけ新品で買っています。
それはその作品が続いて欲しいから、それだけの価値があったと会社側に理解して欲しいからです。
裏を返せば、その会社にそんな意思表示をしたくなければ買わないという選択肢もあるわけですね。

昔より、良かったものやことには、お金を惜しまず払えるようになりましたが、そうすると飛んでいくお金の多いこと。ジレンマですね。

#お金について考える #エッセイ #ソーシャルゲーム #無料 #課金

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

マイナス思考な、しがないパート主婦。

お題から

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。