あの枝に海が触れたら帰るから

詩にならない人などいない海岸を通り雨いま横切っている

一輪を購うことのうぬぼれに多分あなたもお気づきでしょう

どうでもいいことほど遺る記憶には打ち棄てられたスペースシャトル

思い出す後ろ姿がきみじゃなくバスのそれとは笑えもしない

アスファルト這うビニールの立てる音おおきくなっていくんだ不安

渚にもかつて巨竜が暮らしてて/やだな、失意はきみだけのもの

窓台とベッドの高さがおなじこと人は規則を愛するけもの

生きていてあと十回はこの季節 落下速度は綿も小犬も

届かないものを哀しむエイプリルフールは寝ているうちに終わった

離れれば抽象してくだれもかも僕も忘れるほどの遠泳


(4月、まだ足は着く)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「蝉時雨」みたいな言葉を発明するまで続けるよ。

​ 輝きましょうスープのように
33

那須ジョン

まだ足は着く

ひとりで「不定期な月詠」をしています。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。