見出し画像

【サボタ日記 50鉢目】もっと気軽に日記を書きたい話

気がつけば隔週になりかけているこの日記。
…ということで、これまではほぼ金曜日土曜日に上げると決めていたことをゆるめてみようかなと。
いや、基本は金曜土曜なのですが。
が。
なんか、そのタイミングを逃してしまったときに、1週間見送らなければいけない場面も実はあって、そんなに縛られる必要もないのかなと。
まぁ、そんなわけで、さらにゆるゆると更新していってみようかなと思ってます。

で、近況。
短歌は無事に毎日詠んでます。
無事なのかなんなのか。
31文字でたくさんのことを表現しようとする人たちが世の中にはどうやらたくさんいるみたいで。
これまで、この日記のように、どちらかと言うと思ったことを漫然と記して文字数を「稼ぐ」みたいな感覚ばかりだったぼくとしては、31文字という制限がとても新鮮で楽しいです。
言い切れなくて当たり前というか。
逆に、正確に言い切ってしまうとつまらない歌になってしまうこともしばしばで。
いかに単語に広がりをもたせるか、ということを考えるのがとても楽しいです。
最近、「おぉ、スゲーな」ってなった歌はこちら。

私は日本狼アレルギーかもしれないがもう分からない/田中有芽子

…うん、すごい。
日本狼はすでに絶滅していて、日本狼アレルギーだろうがそうでなかろうが全然関係ないんだけれど、だからこそ日本狼はもういないんだっていう事実がよりハッキリと浮かび上がってくる。
もしかしたら日本狼アレルギーかどうかなんて、単語すら考えなかったであろう人生なり生きる上での視点が、この一首に出会うことで間違いなく広がっている。
そんな新しい気づきを得られる、そしてその気づきを共有できる短歌なり創作物すべてって、とても尊いなと思う。
創作と呼べるには全然オリジナリティもないし、なにも削り出しているわけではないけれど、それでも裾野の一部として、これからもなにかしらつくっていきたい。

そういえば、なんでまたこうして思い出したように日記を綴っているかって、実は最近、辻仁成さんのブログを読むことをとても楽しみにしているからで。
本業が作家さんなので、そもそも文章の運びがとても読みやすい。

しかも、読むと何かしら自分を顧みたくなるのです。
そしてその顧みた自分が思ったことを、日記にしてみたくなるというw
なんだったら、文体若干似てしまってきているかもしれないというw

今週のサボタニは、先週お迎えしたスブラータの綴化サボテン。
綴化と書いて「てっか」読みます。
一般のサボテンは成長点がひとつなんですが、綴化したサボテンは成長点が広がっていくので、どれもこんなうにょうにょになるのです。
通常のスブラータっていう品種と見た目が全然違うw
でも、このうにょうにょを前からずっと欲しいと思っていて。
(一部では脳みそサボテンとか言われてるw)
先週、歯医者さんに行く途中にある攻めてる花屋さんで安く売っているのを見かけて、思わず連れ帰ってきました。
ユーフォルビアさんと合わせて、家で大切に育てようと思います。

今日で今週も折り返し。
雨が続くけれど、暑さも一区切りなんでしょうか。
暑さ寒さも彼岸までって言いますもんね。
もう一回くらい、カーッって暑い日があってもいいかな。

来週は延び延びにしていた夏休み。
旅にも出てみようと思っているので、その話などもまた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

身に余る光栄\(^o^)/
3

Natsuki Machii

多肉植物好きの広報初心者。 30代半ば。 転職して1年ちょい。 笑ったり笑ったり怒ったり泣いたりしながら過ごす中で考えたことを、「サボタ日記」としてほぼ週1で書きつけています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。