雑記

10
ノート

長期休暇で一旦投稿もお休み

ほぼ日、と意気込んで始めましたが、長めの休暇に入るので、8月末頃まで投稿もお休みします。英語の勉強はおそらく続けます。

Photo by Vicko Mozara on Unsplash

英語がさほど話せなくても米国内引越しで困ることはないが、万国共通で準備は大切

オンラインで大抵のことが注文、予約できる時代なので、英語がさほど話せなくても引越しでは困りませんが、チップ用の現金の準備は忘れずに...
7階へ引っ越した際に、エレベーターが壊れており、ほぼ全ての荷物を、業者に階段で運んでもらう事態になったので、多めのチップを用意しておいてよかったです。

引越し業者の決定

Yelpで引越し業者を4-5社ピックアップし、金額見積もりを比較検討して決定しました。友

もっとみる

Audibleは月に約$15で、何冊でも聴ける

オーディオブックサービスAudibleは月額$14.95で2Credit付与、という説明を見て、最初は "1冊約$7ならそこそこお得だな"と思っていましたが、勘違いでした。月内に何回でも返却できて、返却すればその分のCreditが戻るので、"自分のデバイスに置いておけるのが2冊ずつ" ということでした。つまり、聴き終わって返し、また借りる、ということを繰り返せば、何冊でも聴けるという仕組みです。

もっとみる

オーディオブックが公共図書館で利用できるサービス@アメリカ

audibleでオーディオブックを利用し始め、オーディオブックが好きになってきました。限られたラインナップながら、公共図書館で無料で借りられるオーディオブックがあると知り、アプリをダウンロードしました。

図書館に行かなくても利用開始できる

アメリカの公立図書館は利用者番号をオンラインで発行でき、アプリをダウンロードすれば電子書籍やオーディオブックが借りられるので、図書館が若干遠くても、活用価値

もっとみる

STAR: アメリカでの面接技法定番

Situation, Tasks, Actions, Results の頭文字をとって、STAR。
"xxした経験はありますか?"  のように、経験を聞かれる質問に関しては、このS.T.A.Rの順で、ある程度回答を用意しておき、話す時もこの順を意識すれば、途中で混乱せずに簡潔に話しやすくなります。

S: 状況
T: 任されたタスク 
A: 実施したこと
R: 結果

冷静な時に見ると当たり前の説

もっとみる

エッセイテンプレにも使える Bloom's Taxonomy

最近、生まれて初めて最初から英語でレポートを書くことになったので、なかなか筆が進まず、大学のスタッフに相談したところ、Bloom's Taxonomy を教えてもらいました。そもそもは学びのレベルの分類で
1. 知識を得る: Knowledge/ Remember
2. 理解する: Comprehension/ Understand
3. 応用する, 当てはめる: Application/ App

もっとみる

英名ニックネームをつけるべきか

私の名前 (なつき) は、すぐに覚えてくれる人と聞き返してくれる人と五分五分くらいなので、常々ニックネームが欲しいと思っていました。ただ、自分で "りさ"って呼んでね、というように急に名前をつけることにも抵抗があり、何もつけずに過ごしていました。

近頃、初対面の人と会う機会も増えてきたので、すぐに覚えてもらえる名前があるといいな、と他の学生と話していたら、ナタリーとかのニックネームも"Nat"

もっとみる

初だるま

先週日曜日に芦ノ湖テラスで買った達磨に、目標達成を念じながら、片目を入れました。だるまを買うのは初めてで、買ってから、禅宗の開祖である達磨が由来なのだと知りました。単にかわいいなと思ってつい買っただけで、信仰もなにもないのですが、やる気を鼓舞するのには役立ちそう。

I bought two dharma dolls at Ashinoko Terrace in Shizuoka last Sun

もっとみる

目標は公言するかどうか

だるまへの目標について
目標は宣言した方が良いという意見も、宣言しない方がいいという意見も見聞きした覚えがありますが、わたし自身は、目標宣言はあまりしたくないです。公言すると、プレッシャーを感じてしまうので。

目標公言のメリット
目標が具体的な場合、その目標を公言すると、他人のサポートや提案を受けられる可能性が高まるというメリットはあると思っています。
目標がぼんやりしている場合でも、そのぼんや

もっとみる

久しぶりに空港乗り継ぎで焦る@ダラス

先週、成田からダラス経由でセントルイスに戻ってきました。

諦めると焦る気持ちがなくなる - ダラス到着から搭乗までは2時間以上空いていたので、余裕だと思っていましたが、入国審査で思った以上に待ち、ようやく自分の番がくるなと思っていたら、私のすぐ前の方が別室に連れて行かれ (おそらくI-20か何か必要書類を忘れていたと思われる) 、流石に間に合わないと思い、近くにいたスタッフの方に、どうしましょう

もっとみる