短い文章でもスムーズに言えない理由

インターン先で、とある配布用ワークブックを、4人で分担して別のワードファイルで作成したので、フォントサイズもタイプもばらばらでした。統一感を出すために、フォントを統一しておきたいのですが、いいですか? と咄嗟に言いたかったのですが、たどたどしい英語になってしまいました。

今、うまく言えなかった理由を分析してみると、
・伝達目的を自分の中ではっきりさせていなかった (許可を求めるのか、作業を宣言するのか)
・よく使いそうな表現の自然な言い方を知らなかった (フォントを統一する)
の2点が思いつきます。

作業内容の想定と伝達目的の明確化
これを克服するには、
・作業内容が想定できた時点で、調べておく
・耳にした表現は引き続きためておく
という英語学習的な地道な努力に加えて、

・許可を求める質問なのか、作業報告なのか、目的をわかりやすく伝える

という何語でも同じことを意識するように頭を使って、英語力のマイナス分をカバーすべきだと改めて思いました。

Photo by Alexander Andrews on Unsplash

At an organization where I'm doing an internship, three other employees and I were creating a workbook for students. All of us worked on different word files, and the size and types of fonts on each file were different. I wanted to change them to make the workbook look more professional. When I tried asking permission from my supervisor to edit the other files, I wasn't able to do that smoothly. What I wanted to say was the sentence like this, "Could I change the font styles and sizes to make them all the same throughout the workbook so that it will look more unified?"
Looking back, there are two main reasons why I couldn't ask permission smoothly. 
・Lack of purpose: I didn't explain my reason for talking to the supervisor. After beginning to talk, I realized that I should have used a question, but I just told her what I wanted to do, saying "I want to..."
・Lack of vocabulary: I couldn't come up with the phrase "font style" immediately when I was talking

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!Enjoy the rest of your day!
1

なつき

"ネイティブ"を目指さない方がいい、とはよく聞きますが、それでもユーモア交えて流暢に話したい。そんな願いを込めて、ほぼ日更新の英語成長記録 (8月下旬までお休み中)。応援しあえる学習仲間は常時募集中。

英語習得法

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。