2018年5月のぶらり。

日記を更新しました↓

=====

5月4日(金)
マオさんからアーティスト写真もらう。

5月7日(月)@恵比寿
打ち合わせに向かう途中。鳩の首が傾いててかわいかった。

5月9日(水)
映画「彼女がその名を知らない鳥たち」をDVDで鑑賞。
映画が終わった後も、自分が映画の世界でひとり立ち尽くしているような、不思議な感覚になった。
中でも國枝という男の、ヨタヨタ歩きで老いているのに、ギラッとしていて迫り来る感じが、とても怖かったなぁ。
スタンプにしてみた↓

5月11日(金)@駒沢公園
MOUNT ZINEへアートブックを届けに言った帰り、おじいさんたちのサッカーの試合に、偶然遭遇。掛け声が「そっちですよ!」とか丁寧語だった。

5月15日(火)
母と作品の梱包作業。BGM映画は「スクール・オブ・ロック」。
笑いすぎて作業にならない。

5月16日(水)@浅草橋
立ち飲み屋でかっこいいポーズでお酒を飲むおじさんがいた。
スタンプにしてみた↓

5月17日(木)@駒沢公園
まるで爆発する炎を背景にゆらゆらとこっちへ一直線に向かって歩いてくるターミネーターのラストような、気迫に満ちたサラリーマンがいた。

5月19日(土)@都立大学
MOUNT ZINEへ。
元銀行員の女性が作ったZINEを読了。女のマウンティングは自意識による殴り合いだ。リングに佇む力石徹を思い浮かべた。

5月20日 (日)
「羊たちの沈黙」と「ハンニバル」を観た。食欲が進まない。

5月21日(月)@代々木公園
炎天下の中、壁を磨いたりペンキを塗ったりする工事現場のおじさんがいっぱいいた。
東京はいつになったら”完成”するのだろう?

5月22日 (火)
会食。同席した港区在住のおじさんに「俺は君みたいに行間なんて読まないから、お金持ちなんだよ」と言われ、一瞬意識を失った。

5月25日(金)
「タモリ倶楽部」を鑑賞。作品やイラストをイジっていただき、会話が生まれているのをみて、嬉しかった。

5月26日(土)
漫画家の友人宅へ。
彼曰く「漫画家の報酬の波は、真珠貝を採る漁師のようなもの」とのこと。言葉の表現に、海とロマンを感じた。

5月27日(月)
特大スタンプが自宅に届く。

5月28日(月)
アリゲーターの赤ちゃんを流しに流してしまい、「ぎゃー」と悲鳴をあげるというおかしな夢を見た。

5月31日(木)
皇居をランニング。
ランニングをしている人は、意識高いアクティブ派、話しながら楽しむ派、修行僧派の3パターンに分けられると思った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

大嶋奈都子

ブログ

日々のこと、展示後記など
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。