もうお金のためだけじゃ働けない。

この前、友達同士の飲み会で、単刀直入に言うと「会社から出るお給料」の話になった。


「今、この仕事でこれくらいもらえているから早く昇格したい」
「ボーナスが〇〇万円出た!」
「うちの会社でこの仕事なら〇〇万円くらい出るよ。ちょっと少な過ぎるんじゃない?」
「そんなにもらえるなら転職しようかな」


目の前で繰り広げられる高額なお金の会話に、終始閉口する。

これをnoteで書くのはいかがなものかと思うけど、小さなデザイン事務所の正社員(コピーライター/ディレクター)として働いている私のお給料は、27歳の平均がもらっているそれと比べたら少ない方だと思う。

そして……これを書くのは本当に気が引けるし、できれば読者さんだけの秘密にしてほしいのだけど…会社の経営状態は、いつだって危ない。


いかに給料が高い仕事に就くか、どうやって給料を上げるか――……話をふられないのをいいことに、黙って彼らの話に耳を傾ける。

その時、「どんなに高いお金がもらえたとしても、もう、文章を書く以外の仕事はしたくないかも」と、心の奥のほうで思っている私がいた。


給料の高い仕事は羨ましいし、いいなと思う。でも、「金額」だけで語られるその仕事に、どうしてもときめくことができなかった。


もちろん、お金は大事。仕事探しで第一条件に「お給料が良い」を求めるのは絶対に間違っていないし、好きなことを仕事にすることがえらいとか尊いだとも、思っていない。


誰だって、働く理由があるから。

「離婚してシングルになってしまったけど、養うべき子どもがいる」とか、
「パートナーが働けなくなってしまったから、自分で働かないと」とか、
「将来〇〇をしたいから、たくさんお金を稼いで資金を貯めたい」とか、
「好きなアイドルのツアーを全通したい、たくさんグッズが欲しいから、とにかくお給料の良い仕事が良い」とか。


やりがいだけが全てじゃない。
人が仕事に何を求めるのかは、その人の自由だ。

もちろんそれはわかっている。
わかった上で言っているのだ。

私はもう、書くこと以外で働きたくないと。



才能のない私が書くこと以外で働きたくないなんて、本当にわがままだし、滑稽だと思う。

そんな甘ったれたことを言えるのは、養うべき子どももいないし、パートナーも家族も健康だし、弊社の安いお給料で事足りているからだ。

もし、養うべき人がいて、家族が大病を患ったり、今月の給料が入らなかったりしたら、そんな悠長なことは言っていられないだろう。


でも、今、ありったけの「ある」を享受している私には、「お金」を働く基準の第一位にはできない。仕事選びに大事なのは、「書くことができるかどうか」――……それだけだ。


今の仕事も、「書くことができるかどうか」を基準に選んだ。小さい頃から文章を書くことが好きで親しんできた私が、「書く仕事をしてみたい」と思うのは必然だった。

もし仮に、誰かが。

「今より〇倍のお給料を上げるから、うちの会社で働かない?」と声をかけてくれても、その仕事内容が「書くこと」ではなかったら、私は「YES」とは言えないだろう。


先に書いた通り、お給料も少ないし、ドキドキするような経営状態だし、残業代などの待遇面もまあ良いとは言えない。いろんなマイナス面があると知りながらこの仕事を選んだし、そして今もなお選び続けている。



友人たちの高額なお給料を聞いて、耳を塞ぎたくなるような思いがしても、自分の意志でこの仕事を選んだことに胸を張りたいのだ。

だって私は、文章を書く仕事がしたいから。




★私の仕事について書いたnoteです。
ずっと教育広告がやりたかった。
だからやっぱり今の仕事はたのしいな。
(まあいろいろあるけど笑)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\ 私に先行投資してください!/ 作家・コラムニスト・エッセイストを目指しています。 私の才能や努力に、先行投資してくださる方がいたら、サポートをいただけるとうれしいです。 お返しは、将来の私の活躍になります。 どうぞよろしくお願いいたします。

なつみ先生の次回作にご期待ください!
73

ひさとみ なつみ/ライター

生き方や働き方の価値観を「じわじわ揺さぶる」文章を書いています/コラム・エッセイ・小説がメイン、たまに音声配信/本業は紙媒体の教育広告。時にコピーを書き、自ら編集もするライターです/フリーで女性の働き方・生き方の取材、執筆、編集の仕事も行っています/スキ・コメントが活力です◎

ひさとみえぬの自分語り

ひさとみえぬが【自分】について書いているnoteを集めました。

コメント4件

非常によくわかります。
20代半ばぐらいの時に「今の年収+100万円でうちにこないか」と誘われたことがありますが、丁重にお断りしました。
やりたい仕事から離れてないし、会社も所属してたところより大きく安定しているところだったんですが、転勤の可能性があるというところでお断りしました。(基本的にはないと言われましたが)
誰だってお金より譲れないものがあったりしますよね。
*あずきさん
読んでくださってありがとうございます^^
コメントもとってもうれしいです!

「今の年収+100万円でうちにこないか」ってものすごいお誘い…!
仕事の条件で、住まいはかなり重要だと思います!
私もできるだけ実家の近くで暮らしたいと思い、転勤のない会社を探しました。
お金で叶えられないこともありますよね。

自分で優先順位をつけて、働き方を選んで行くことが大切ですね^^
そうですね。
自分なりにいいなと思う働き方ができるのがいいですよね。
*あずきさん
ですです!
「自分のいい」が正解ですよね^^
その「いい」を見極めて、選ぶ力を身につけていきたいです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。