【VBAメモ】初歩の学習1

'VBAの初歩のコマンド

'セルはA1 のセルならCells(1,1)、A2ならばCells(2,1)というように記述する方式にする。

Cells(1,1).value = 10 ’こうやって記載すると、A1のセルに10と記載される。

Cells(1,1).clear ’こうやって記載すると、A1のセルに記載されていた10が消去される。

Range(cells(1,1),cells(10,1)).value = 10 'Rangeのコマンドを使うと、指定の範囲に何かしらのコマンドを打てる。これはA1からA10のセルに10と記載される。

Range(cells(1,1),cells(10,1)).Clear 'これでA1からA10までの内容をクリアできる。

’.Valueは指定のセルに何かを記載するときに利用する。=の後ろに文章を書く場合はダブルクオーテーションで囲むのが重要





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

40の手習い

40になりましてタイトルを変えました。そして、最近勉強しているプログラミングのことや、他にも学んだことの気づきを綴っていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。