見出し画像

海外生活で学んだコミュニケーション力

今日はわたしのお気に入りのバスドライバーさんの話をするね。

シドニーは混雑した街だから(東京ほどひどくはないけど)、たくさんの人が交通手段にバスを使ってるのね。で、いろんなタイプの運転手さんがいて。若い人や高齢の人、親切だったり失礼だったり、いい人だったりひどい人だったりとかね。

そんなバスドライバーさんたちのほとんどは乗客のわたしたちによくしてくれないから、何の興味ももっていなかった。でもある日、特別な人に出会ったの。彼は70歳以上に見えた。停留所に停まり誰かがバスに乗ってくる度に、彼はひとなつっこい笑顔でみんなに「Hello!」って声をかけてた。

そしてある日、彼が次の運転手さんと交代するために分岐点でバスを降りる時、きさくに手を振りながら「See you!(またね)」って言ってくれて。バスに乗ってたみんなも笑顔で彼に「See you!」って。

実を言うと、わたしはその時彼がたまたまご機嫌だっただけだと思ってた。でもわたしが彼のバスに乗る度に、いつも彼は乗客全員に親しく接してた。

そしてわたしはやっと、彼が何で乗客のわたしたちにフレンドリーなのかを理解したんだ。彼は自分の仕事も乗客のことも、とても愛しているの。誰かがバスに乗ってくると、彼らに会えてすごく幸せそうに見えた。彼は運転手として乗客のわたしたちが望むところに運ぶことを誇りにしているんだと思うの。彼がどれだけ仕事を、そして乗客に会うことを愛しているのか、彼の笑顔を見ればわかるもの。そのことに気づいてから、わたしは彼のバスに乗ることが大好きになったんだ。わたしたちはお互いの名前も知らないけど、そんなの関係ない。わたしたちが何者であろうと、彼のバスの中でともに幸せな時間を共有しているんだから。

彼の笑顔がわたしを幸せにしてくれてるっていう事実を、彼は知らない。実際、彼はわたしたちが彼のことをどう感じているかなんて気にしてないんじゃないかな・・・。でもわたし、彼みたいな人になりたい。自分の仕事を通して笑顔で誰かのことを幸せにしたいな。

**********************************

2003年、ワーキングホリデーでシドニーで暮らしていた時、日本に住んでいるネット仲間たちに送ったメールです。とあるバスドライバーさんを通して、自分がどんな人になりたいかが明確になりました。彼との出会いはわたしの人生の宝物です。そんな彼とのエピソードを仲間たちにシェアしたくて。

当時使っていたネットカフェのパソコンは日本語に対応していなかったから、ローマ字で打つと逆に読みにくいかなと思ってメールは英語で書いていました。それを日本語で書き直したのが上の文章です。

わたしの英語は日常生活に困らない程度のレベルなので、実際は文法的に間違ってるとこも多いと思います。でもオーストラリアで1年間暮らしてつくづく思ったのは、文法的な正確さよりも自分が相手に伝えたい想いと熱意が大事。コミュニケーションに大切なのは、言語の手前にあるお互いをわかりあいたいという気持ちなんですよね。

日本にいると、同じ言語を使っているから自分の伝えたいことが通じて当たり前だと思っています。でも実際は自分が伝えたいように伝わっていないことも多いです。それは、お互いをわかりあいたいという気持ちがお互いに欠けている時に起こるのかもしれません。

外国でかたことの英語で話しかけると、向こうは一所懸命こちらが何を伝えようとしているのか理解しようとしてくれます。そしてこちらも理解してもらえるようにいろんな表現で伝える努力をします。某番組で、お笑い芸人の出川哲朗さんがものすごくめちゃくちゃな英語を使っているにも関わらず自分が伝えたいことを最終的にちゃんと伝えられてしまうのは、彼が言葉ではなく自分のハートで伝えているからかもしれません。

また、全世界共通の最高・最強のコミュニケーションツールは”笑顔”です。お互いの名前も知らず、直接じっくり話をしてもいないのに、バスドライバーさんの笑顔はわたしに大切なことを伝えてくれました。彼の運転するバスは世界中からシドニーに集まってきたたくさんの乗客たちとともに、その笑顔で幸せも運んでくれていましたよ♪

笑顔がつなぐ、心と心のコミュニケーション。大切にしていきましょう。

以下、もともと書いていた英語バージョンも貼り付けておきますね。

**********

I'll talk about my favorite bus driver today.

Since Sydney is such a crowded city(but it's not so bad as crazy Tokyo),
many people use bus for their transport.
There are lots of types of drivers;young or old,kind
or rude,nice or terrible,and so on.

I didn't use to have any interest in those bus driver
because most of them are not nice to us.But one day
I met a special one.He looks over 70 years old.Every time
he stops at bus stop and somebody get on the bus,
he says hello to everybody with a friendly smile.

And when he got off the bus to relieve next driver
at bus junction one day,he told us see you with friendly wave.
Everybody on the bus also said see you to him with smiles.

To tell the truth,I thought he was just in a happy mood
at that time.But every time I get on his bus,he is
always friendly to every passengers.

Then finally I found the reason why he is so friendly to
us.He loves his job and his passengers very much.
When somebody gets on his bus,he looks very happy to
see them.I think he is proud of being a bus driver and
taking us to everywhere we want. His smile tells us
how he love his job and seeing us.After I found it,I
really like to get on his bus.I don't know his name
and neither does he,but it doesn't matter.We can share
happy time on his bus whoever we are.

He doesn't know the fact he makes me happy with
his smile.Actually he might not care how we feel with
him.But I want to be like him.I want to make someone
happy with my smile(^-^) with my job. 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしもわたしのnoteに何かを感じていただけたなら、100円からのサポート絶賛受付中ですっ☆いただいたサポートは誰かを笑顔にするために使わせていただきます。

スキスキスースキスースキスー♪
6

夏江カノコ

風のように自由に世界をかけめぐりながら、常に新しい刺激を求めていたい好奇心旺盛な双子座です。15年前に書いた自分のブログの記事を見てものすごく励まされて。そんな「過去からのエール」をこのnoteに書き移していきます。時々今の自分の想いや物語も。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。