【0211】今週の作りおきノート #6

先週末、実家おかんに「不要になったから」ということで少し大きめの水槽をもらいました。設置も完了し、なんなら金魚とドジョウを飼い足して「明日からアクアリウムで癒されるぞ!」と意気込んだ一週間の始まり。

しかーし、火曜日にはさっそく金魚が産卵&無事に孵化したため、稚魚の保護にてんやわんや。あっという間に一週間は過ぎ去っていきました。癒やしとは、常に対価を支払い続ける者にしか与えられない。

さて、今週の作りおきと常備菜です。

・豚バラ肉のリヨン
・豚薄バラ肉と春菊のナムル
・鶏胸肉と大根のとろ煮
・ドライカレー
・モヤシのナムル
・味玉
・塩鶏(仕込み)
・ホウレンソウ(味噌汁用)
・白菜×2(味噌汁用)

<材料>(大人2、子ども1を想定)
・春菊・・・中サイズ1袋
・大根・・・1/2本
・タマネギ・・・1玉
・モヤシ・・・1袋
・ホウレンソウ・・・中サイズ1袋
・白菜・・・1/2玉
・豚バラ肉・・・450g
・豚薄バラ肉・・・250g
・鶏胸肉・・・2枚
・豚ひき肉・・・400g
・タマゴ・・・6個

<所要時間>
2時間12分

今回は気になっていたこちらのレシピにも挑戦してみました! どこからどう見ても美味しそう!!

今週は4営業日だし、相方不在&うれしいことにランチのお誘いもいくつかあるため、いつもより少なめです。

では、進めてまいります!

1:豚バラ肉を切る&塩をまぶす

肉用のまな板の上で、豚バラ肉を食べやすい大きさに切る。切った豚バラ肉に、肉重量の0.5%くらいの塩をまぶして30分ほど放置しておく。

2:野菜を切る

ホウレンソウを切り、続いて白菜を切る。切った野菜はそれぞれ保存用タッパーに移して完成。

そのほか、大根はイチョウ切りに、春菊はだいたい3センチ間隔で切り、タマネギはみじん切りにする。

モヤシはザルにすべて出し、水で軽く洗っておく。

3:小鍋Aでゆで卵を作りながら、肉類を切る

小鍋Aにタマゴと水を入れて火にかける。

鶏胸肉の皮を取り除き、厚さが平らになるように切り込みを入れる。表裏に塩小1ずつまぶしてすり込み、ラップをしておく。
(これで塩鶏の仕込み完了です。これを1晩寝かせたらジップロックに入れ、沸騰させた鍋に入れて1〜2分茹でてからさらに1晩放置させて完成です!好みの厚さに切って食べてください)

もう1枚の鶏胸肉は食べやすい大きさに切っておく。

4:モヤシを蒸し器で蒸す、ゆで卵の殻をむく

モヤシを蒸し器に入れ、電子レンジで3〜4分ほど加熱する。

一方で、そろそろゆで卵が完成するので小鍋Aの火を止める。ゆで卵を冷水に移し、殻をむく。ゆで卵を保存用タッパに移し、白だし:水=1:1を入れて軽く混ぜて完成!

5:モヤシを味付けする

モヤシの加熱が完了したらボウルに移し、ごま油小1、塩小1〜2を入れて混ぜる。好みの味になったら保存用タッパに移して完成!

6:小鍋Bに1を入れて火にかける

小鍋Bに1の豚バラ肉と、水500cc、ワイン150ccを入れて火にかける。軽く沸騰したら中火〜弱火にし、アルミホイルでふたをしておく。この状態で、ときどき様子を見ながら放置する。

7:フライパンAで鶏胸肉、フライパンBで豚薄バラ肉を炒める

フライパンAにサラダ油をしき、鶏胸肉を入れて炒める。フライパンBにはゴマ油をしき、豚薄バラ肉を炒めていく。どちらも軽く塩コショウをかける。

8:豚薄バラ肉に火が通ったら春菊を投入する

豚薄バラ肉に火が通ったら春菊を投入する。

全体的に火が通ってきたら、醤油大1、砂糖小1/2、ごま油大1、にんにくチューブ2cmを混ぜ合わせたものを入れてさらに炒め、保存用タッパに入れて完成!

9:フライパンAに大根を投入、フライパンBにはタマネギを投入

フライパンAの鶏胸肉の中まで火が通ったら大根を投入する。そしてフライパンBは軽く水で洗いで水気を取り除いたら、サラダ油をしき、さらにタマネギを投入して炒める。

フライパンAの大根に焦げ目がついてきたら、水400ml、酒大1、白だし小2、鶏ガラスープの素小2、にんにく&ショウガチューブ1〜2cmを入れてさらに10分ほど煮る。

味がなじんでいたら、保存用タッパに移して完成!

10:フライパンBに豚ひき肉を投入する

タマネギが薄っすらキツネ色になってきたら、豚ひき肉を投入。全体的に火が通ったら、カレー粉1個(子ども用)と醤油小1、トマトケチャップ大1を入れてさらに炒める。微調整しつつ、好みの味になったら保存用タッパに移して完成!

11:豚バラ肉の様子を見ながら火にかけ続ける

6の小鍋Bの水が半分以下になってきているので、豚バラ肉が焦げ付かないように表裏をひっくり返しながら引き続き火にかける。

全体的にこんがりしてきたら火を止めて、保存用タッパに移して完成!
(本家レシピによると本当はローズマリーをこのタイミングで入れるといいのですが…我が家にはなかったのでナシにしてます!)

ということで、今回のざっくりとした工程表です。

豚バラ肉のリヨン…、完全に塩加減で失敗した…!「肉重量の0.5%の塩」を完全に勘違いしたまま進行してしまったのです。ギギギギギ…。

もし作られる方は、計算間違いにはくれぐれもお気をつけください(間違える人は私くらいだと思いますが!)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。