見出し画像

神との対話を久しぶりに読んで。(社会的価値について)

久しぶりに神との対話を読んだ。

その中で、ちょっと思うことがあったので、こちら(Note)に残しておこうと思います。
いろいろ重要なことが書かれている本ではあるのですが、その中の1つの事例として、職業によって収入格差が大きすぎるのではないかという神からのツッコミがあるのです。
本の中では、人気野球選手、人気ストリッパーが超高収入で、逆に聖職者や教育者が貧窮化しているという事例がありました。
アメリカの20年ほど前の事例なので、この事例は今はあまり当てはまらない可能性もありますが、言いたいこととしては、社会的に価値の高い仕事をしている人が収入が低く、大して社会的に価値のない仕事をしている人の収入が高いという逆転現象が生じているよねってことが言いたいことだと思います。(※特定の職業を貶めているわけではないので、誤解ないきよう。)
自分としては、この神の見解に対して、

だよね。

と激しく同意せざるおえない感じです。
まぁいろいろ異論はあると思いますが。
個人的に、それだよねっと思った事例として、このような事例がありますね。


VALUのランキング : User Local


このランキング争いをざっとみて、

やっぱりだよね。

と20年越しで再び思いましたね。

何が社会的に役に立つかというところの議論の決着に、あと20~30年は人類レベルでかかりそうな感じがしています😥

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

note購読ありがとうございます。noteでは「脱奴隷リテラシー」という活動名称で、マスコミ報道の検証やネット情報の検証、自己啓発詐欺の実態を伝えるという活動をやっています。noteでのサポートがあれば、より質の高い分析や記事の質の向上が可能になります。よろしくお願いします。

スキ!ありがとうございます。
2

ナバター

脱奴隷リテラシーナバターという名称で、テレビメディアの報道分析をしていました。現在改名を検討中。またそれとは別に自己啓発、スピリチュアルに関する事柄を中心にnoteを投稿しています。実はゲームとプロ野球も昔からかなり好きだとか。どうぞよろしく。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。