JavaScriptフレームワークは、習得しないといけませんか?という質問への回答

2018年9月29日、大崎ブライトコアホールで開催された「CSSNite LP58 Coder's High」というイベントに登壇しました。

ご回答いただいたアンケートに「Vue.jsは、習得しないといけませんか?」という質問が非常に多く書かれていました。

Vue.jsと書かれている理由は「JavaScriptフレームワークに入門したい人におすすめはありますか?」という質問に対して「日本語の情報が充実しているVue.jsから入門してはどうか」という回答をしたためです。

なので、質問の本質は「JavaScriptフレームワークは習得しないといけませんか?」ということだと解釈し、本記事を書きました。

前提条件など

この記事では「技術的に手広い会社ほど、仕事にこまらず、食いっぱぐれない」という前提の元で書いていきます。

また、モデルケースとして、コーダー一本でやってきているというキャリアを想定します。なぜなら、実はデザインもゴリゴリできるので仕事無くなっても別に困らないとかだと話が成立しないためです。そういうずるいのはナシにします。

また、JavaScriptフレームワークという言葉を連呼すると色々コンテキストがアレしてくるし長くなるので、例としてVue.jsを用います。

状況A:「今必要ある」場合

覚えないと仕事が成り立たないはずなので、覚えましょう(というか、必須のはず)

状況B: 「今必要ないが、今後必要である」な場合

例えば、以下のような状況を指します

- 行きたい会社がVue.jsを採用している
- チームの配属が変わってVue.jsのプロダクトになりそう

つまり、状況Aに転ぶことが確定しているOR確定させたい場合です。対処は早いほうがいいはずです。覚えましょう。


状況C:「今必要ないが、今後必要になる可能性はある」場合

例えば、以下のような状況を指します

- 社内の別チームがVue.jsを採用している
- 社内にVue.jsを使った案件の相談がくる
- フロントエンドエンジニアとして転職を考えている

何かがトリガーになることで、状況Bに転ぶ可能性がある場合です。

その場合、対処は早いほうがいいはずです。覚えることをおすすめします。できることが増えると評価があがったり、状況Bに行きたくなった時にスムーズです。

状況D:「今必要ないし、今後必要になる可能性が今のところない」場合

今までの選択肢に当てはまらなかった場合です。

- jQueryで事足りるレベルの仕事しかしていない
- 別に環境を変えたいという気持ちもない

この場合、別に覚えなくていいです。その環境にいる場合、おそらくは必要になることはありません。今、仕事として受ける能力がなく、今後も受けるつもりがないという状態が状況Dです。当たり前ですが、必要かどうかは仕事に使うかどうかで決定されます。その仕事を受けない以上は覚えなくていいです。

ただし、状況Dを脱することを強いられる可能性は0ではありません。食っていけなくなってきた、とか、そういう状態です。その場合、別の状況Dにある環境に移動する以外の選択が難しい状態で、最低でも状況Cを目指すことになります。

そんな状況になるかどうかはもちろんわかりませんが、一応、ないとは言えないよね、というのが私の意見です。

私の場合

単純に流行っているから、その時は状況Cだったけれどちょっと触ってみるかー、という状態でVue.jsを触りました。結果的に状況B、状況Aと転がって習得を余儀なくされました。

どうせ使うのであれば、もっと早くからちゃんと触っておけば最初から活躍できたなぁ、というのが、その時思ったことです

最後に

実は状況B~Cくらいの人って、潜在的に少なくないと思います。給料あげたいなぁ、とかぼんやり考えてるコーダーさん、それ、状況Cですよ。

おすすめ本

読みやすいしサンプルも充実

JSの勉強にもなるし初心者から脱初心者までいける。

ちょっとしたウェブサービスを作るチュートリアル系。楽しい。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます。サポートからDMがおくれますので内緒のメッセージお待ちしてます。

今日のラッキーアイテム:現金
28

ナユ

#エンジニア 系記事まとめ

noteに投稿されたエンジニア系の記事のまとめ。コーディングTIPSよりは、考察や意見などを中心に。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。