パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学

これ面白かったです。
「パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学」
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%91%E3%81%AF%E8%84%B3%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85-%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%82%92%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%82%8B%E8%84%B3%E7%A7%91%E5%AD%A6-%E6%B1%A0%E8%B0%B7-%E8%A3%95%E4%BA%8C/dp/4861013437 
 
赤ちゃんの行動にはこんな理由があるというのを、著者の子育て体験にまつわるエピソードと共に、とても分かりやすく書かれた本です。 
 
以前テレビで見てなるほどと思いましたが、親が子どもと遊ぶときに、黙って眺めているだけだったり、他のおもちゃへ注意をそらそうとしたり、必要な甘えの要求を無視したり、声かけが極端に少なかったりした場合には、子どもの言葉の発育が遅れてしまうのだとか。 
 
うちの子あまり喋らないのよねという場合は、積極的に声かけをしつつ、寄り添うような会話のキャッチボールを心掛けると、言葉のバリエーションが一気に増えて、だんだんおしゃべりするようになっていくそうです。 
 
あたたかい言葉やあたたかい態度はあたたかい人間を育てますし、冷たい言葉や冷たい態度は冷たい人間を育てます。
赤ちゃんにも大人にも、情緒的なコミュニケーションーー言葉の発露を促すような思いやりのある声かけが必要なのですね。 
 
これ耳鼻科の待合室に置いてあった本で、家族を待つ間にと読み始めたら、つい夢中になってしまいました。
全部は読みきれなかったので、図書館になければリクエストしてみようかしらと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援ありがとうございます✨自分なりの"いい歌詞"を探究して、これからも普遍性のあるメッセージを届けたいと思います。

♪抱えるもの抱えてきたものの  すべてを引き受けよう『光蝕』
9

コメント1件

「脳はアクセルとブレーキを同時に踏む」とか「父親が子育てに積極的にかかわるほど父親自身の幸せホルモンのオキシトシンが増える」とか、個人的に興味深い話がたくさん書かれていました✨
アクセルとブレーキを同時に踏むなんて妙に納得しちゃいました☺
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。