障がい者の転職活動丨障がい状況説明書

障がいを持っている人の転職は難しいです。

基本的には履歴書、職務経歴書を記載するのですが、
障がい者の場合はそれでは足りないと考えています。

私の場合は、「障がい状況説明書」を作っていました。
要は、「どこまで出来て」「何が出来ないか」を明確にする為です。

いつ発症で、どういう病気で、症状や
どういう時に弱い、医者の見解などを記載しております。

正直、ここまで求める会社は無いと思うのですが、
企業が求めることをイメージして、必要だと思う事を用意しました。

相手に寄り添って、求められる以上の事を用意する事が
必要だと考えておりまして、それで実際に内定を頂きました。

求められている事以上をすると、余計に感じる企業もいて、
独りよがりかもしれませんが、そこを無駄に感じる企業は
そこまでの会社なんだなと割り切っていました。

必要か、不要かは人によって見解が分かれる部分になるのですが、
私は作って良かったなと正直考えております。
誰かの何かの参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

nb

障がいと戦うビジネスマンの日記です丨通信→マーケティングリサーチ→人材→小売丨https://www.instagram.com/nobu.kanata/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。