けいとら(母の日におくる物語)

かれこれ5、6年つらつらと考えていた絵物語を、母の日に合わせて公開しようと、制作に取り掛かったのが数日前。結局、母の日には間に合いませんでしたが、読み返してみたら、母の日とはあんまり関係なかったわと、2日遅れでアップいたします。

有料の設定になっていますが、全ページを無料エリアに掲載しています。おもしろかった、気に入った、もっと頑張れ、と思った方は、ぜひ100円の投げ銭を。(有料エリアにオマケあり)

この作品に関しては、今後もシーンをどんどん追加していく予定です。


「けいとら」母の日に送る物語

ぼくが自動車運転免許を取得したその日、

父が死んだとの知らせが届いた。

ぼくは父の顔を知らない。


母は父について語らない。ぼくも尋ねない。

20年間の暗黙の了解のまま、

母とぼくは父が暮らしたという町へ向かった。

父が残したもの。

自らの骨、わずかな家財道具、軽トラが1台。

母は黙って骨を持ち帰った。

ぼくは父の軽トラで旅に出る。

ぼくは父の顔を知らない。

風の向くままに進み、

気の向くままに立ち止まる。

山があれば登り、

海があれば渡り、

腹が空けば食い、

眠くなれば寝、

金がなくなれば働き、

人が居れば出会い、

雪が降れば耐え、

花が咲けば眺め、

雨が降れば休み、

実れば味わい、

帰りたくなれば……

ぼくは父の顔を知らない。


母は言った。

「あんた、あのひとにそっくり。」

母はぼくを強く抱きしめた。

この続きをみるには

この続き:0文字/画像1枚

けいとら(母の日におくる物語)

にぎりこぷし

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう! いつか恩返しします!
10

おくる物語

毎月1本、その月にちなんだお話を描いてまいります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。