福岡からバンコクへ

【日記原文ママ】

一気に駆けていくと飛行機はぐんと浮いた。

空から見る福岡の街はわかりやすく都会だった。

すぐに飛行機は雲の中へもぐる。

二度目の一人旅となる。

旅慣れる感覚はない。むしろ不安のほうが多きい。

身の丈を超える経験をすることで人は成長すると大学の教授が言っていたのを思い出す。

その通りだと思う。

どんなに知識を入れても結局頼りになるのは自分の経験あるいは知識と経験をうまく混ぜ合わせたものだ。

そうするとやっぱりこの度は自分にとって大切なものだって確信できる。

5時間ほど機内で眠った。

海か森かわからない青黒い塊を雲の隙間からのぞくことができる。

もうすぐ到着するみたい。

ーーーー

お読みいただきありがとうございます。

この文章は一人旅をした際に、書き記した日記をもとに加筆・修正したものです。マガジン「一人旅の日記帳より」にて公開しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

全額をラオス‐クラスター爆弾の不発弾問題のドキュメンタリー映画製作費用にします。応援よろしくお願いします。

ありがとうございます!サポートもよろしくお願いします!
5

一人旅の日記帳より

海外渡航の際に書き記した日記帳より旅の体験談を写真と共に原文のままこちらで投稿いたします。旅路の音や気温、匂い等、ご自身の感情や想い出と照らし合わせながらお読み下さい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。