見出し画像

「自己肯定」という自己否定

 パコランディウス師との久しぶりのツイキャス。話題は、スペックなどの自身の人生の所与性をどのように受容するかとか、そういったこと。

 会話の中で、私は何度か「信仰」の発揮し得る力について(自分がそれを有してもいないくせに)述べたけれども、これもやはり、いわゆる「自己肯定感」というやつにまつわる問題意識からだったのだと思う。

 「他者の評価に依存するな。まず自分が自分を肯定できないと駄目だ」といった話はよく聞くけれども、この「自分で自分を肯定する」というのは問題含みの概念で、そういうことがわざわざ言われるような場合には、対象の人は己の否定的な面を自ら認識していることが多いわけで、そこで「私は私を肯定するぞ」と本人がいくら自身に向けて言い張っても、それはそれこそ「自己否定」にほかならないのではないかと思う。

 要するに、自分の否定的な面を誰よりも自分自身が認識しているからこそ「自己肯定感」がもてないのに、その自分が「自分で自分を肯定する」などというのはまさに自己否定そのものではないかという、そのことの欺瞞性を、繊細な人であればあるほど(このような理屈の上での話というよりも、むしろ本人にとっては精神に直接響く痛みとして)感じ取ってしまうのではないかということである。

 この問題については大きく分けて二つの対応が一般的に語られることが多く、その一つは「見方を変えて否定的な面を否定的と感じないようにする」ということであり、もう一つは「訓練し成長して否定的な面を現実に消し去ってしまう」ということである。前者は「スピリチュアル」界でよく語られるし、後者は「意識高い」界でよく語られることが多いように思われるが、もちろんそこだけではなくて、いわゆる「現実的対応」というのは、たいていはこの二つのミックスだ。

 もちろん、この二種類の処方箋にはともにそれなりの有効性があるのだけど、とはいえ「矯正が原理的に不可能であるような自己の否定的側面について、それを『見方を変えました』で無視してしまうことはとてもできない程度には繊細である」場合には、こうした対処は基本的にほぼ役に立たない。

 上でふれた「信仰」は、そのような際に劇的な効果を発揮することがしばしばあって、というのも、それがある人にとって「肯定」の発行元は自分ではなくて超越的絶対者であり、またそれが発行されるための条件は、世俗的・物質的世界においては「否定的」だとされることには、関わりのないことが多いからである。

 もちろん、『宗教的経験の諸相』などを読んでみればわかるとおり、こうした効果を発揮できるような種類の「信仰」というのは、ある種の環境や才能に恵まれた人に与えられるものであって、そうでない人にとっては、「超越的絶対者」などというのはただの「想定」であって、それを前提とした世界や自己の認識は、それこそ「単に見方を変えただけ」に映るだろうことはよく知っている。

 もう一つの別ルートとしては、たとえば瞑想実践などがあり、これも個人的には非常に効果の高いものだと思うが、それについては以前に別の記事で留保も含めて丁寧に述べたので詳しくはそちらに譲ることとして、今日のエントリはこのあたりで終わっておくことにしたい。


※以下の有料エリアには、過去のツイキャス放送録画の視聴パスを、投銭いただいた方への「おまけ」として記載しています。

今月の記事で視聴パスを出す過去放送は、以下の7本です。

 ヤマーMCさんとの対談(ニートの未来となりきりチャット)
 フキさんとの対談(婚活、女性性、圧倒的自己完結力) part1
 フキさんとの対談(婚活、女性性、圧倒的自己完結力) part2
 バンナー星人さんとの対談(日泰LGBT事情) part1
 バンナー星人さんとの対談(日泰LGBT事情) part2
 バンナー星人さんとの対談(日泰LGBT事情) part3
 雑談20190829(告知、婚活、異性愛中心主義など)

 9月15日までの無料記事に付された「おまけ」は、全て同じく上の7本の放送録画のパスなので、既にご購入いただいた方はご注意ください。

この続きをみるには

この続き:74文字

「自己肯定」という自己否定

ニー仏

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

43

ニー仏

だいたい「もにょっとしたところ」の言語化をやっています。それと瞑想とか。noteは一部記事は有料、全文無料記事の場合は、ツイキャスでの過去放送視聴パスを、投銭に対する「おまけ」としてお知らせする形式で運営しています。

legosigno

個人的な栞(しおり)として皆さまの作品をピン留めしております。ヒマなときに見てもらうと、ひょっとしておもしろいかも。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。