見出し画像

言論空間の男と女と子供たち

 女性漫画家の方が東京都美術館で「車椅子に乗った男に殴られた」とツイートで主張していた件について、私も都美術館には何度も行ったことがあるし、そのようなことが本当にあったのであれば酷いことだと思っていたが、どうも都美術館側の説明も読むと、「車椅子に乗った男に殴られた」という当初の話とは、温度差があるようだ。

 当然のことではあるが、私はその場にいたわけではないし、どちらの言い分が事実に即しているのか、といったことについて、判断することは不可能である。また、既に女性と都美術館のあいだでは決着のついたことでもあるようだから、この件の事実関係それ自体について、これ以上に何かを述べようとは思わないし、またその立場でもない。

 ただ、この件にまつわる言説と、それが行き着く先に関しては、一般的な問題として考えたことがいくつかあるので、以下ではそれについて述べることにしたい。あまり持ってまわった表現で読みにくい文章にしたくはないので、以前の記事で述べた方針にしたがって、この先の記述は有料としておくから、ご興味のある方には購読していただければと思う。


この続きをみるには

この続き:2,517文字

言論空間の男と女と子供たち

ニー仏

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20

ニー仏

だいたい「もにょっとしたところ」の言語化をやっています。それと瞑想とか。noteは一部記事は有料、全文無料記事の場合は、ツイキャスでの過去放送視聴パスを、投銭に対する「おまけ」としてお知らせする形式で運営しています。

有料過去記事まとめ

これまで有料で公開してきた記事をまとめています。瞑想の性質についての解説や、独り語りのマニュアルなど、ボリュームと読み応えがあって有益なエントリが多いかと思いますので、よろしければご購読くださいませ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。