HIT! ちょっとスリリングな大阪とアート

No.014
表紙写真・著作者 Jesse Clockwork


僕の生まれは大阪です。

4歳で滋賀に引っ越しましたが、心斎橋に母親の実家があり、休日は家族でよく泊まりにいった思い出があります。

さて大阪のディープスポットといえば、「新世界」「飛田新地」そして「あいりん地区(西成)」です。SHINGO☆西成というラッパーの出身地として、若い世代からも注目を集めています。

僕が17歳の頃、初めて原付免許を取得し、スクーターに乗って訪れた街が西成でした。自然に囲まれた滋賀育ちの僕には、荒廃した都市の血なまぐさい風景は心胆寒からしめるものでした。そんな西成を少し皆さんにもご紹介したいと思います。

まず大阪駅から環状線に乗って、「新今宮駅」で下車して下さい。
(西口へ出ると「スーパー玉出」があります)

ここから別世界への入り口です。
「あいりん労働公共職業安定所」へ向かって高架沿いを歩いていきます。

一歩中に入ると、完全に街の景色、匂いの変化が感じ取れるのではないでしょうか?ストリートの両脇は、あいりん地区名物の露店がずらりと立ち並んでいます。珍しい煙草のバラ売りや、恐らく「どこかで拾ってきたようなモノ」も含め、リーズナブルな価格でさまざまな商品が販売されているので、気軽にショッピングを楽しんで下さい。


また建物の壁など至る所には最新のグラフィティが施されているので、是非そちらもご鑑賞下さい。


少し奥へと進むと「萩の茶屋駅」が現れるので、高架下を抜けましょう。すぐ目の前に交番が現れます。なんとこの交番、窓や扉に鉄格子が付けられています。さらに地区中心部にある警察署を訪れると、周囲は高い柵が取り囲まれており、窓は強化ガラス、ドアは鉄製、その風貌から「要塞」と揶揄されているそうです。いかにエネルギッシュな地域なのかが伺い知れますよね!

歩き疲れて喉が渇いたら、自動販売機でジュースを買いましょう。缶ジュースは50円、ペットボトルは100円。西成は独特の貨幣価値で、1000円あれば立派なホテルに宿泊することもできるのです。


西成散策は正午前に行くと面白いです。何故ならば、地域住民の憩いの場である東萩町公園(通称:三角公園)でボランティアの方々による炊き出しが始まるからです。

僕は東京から観光に来られたアーティストの秋國まみさんと一緒にこの炊き出しに参加してみたことがあります。この時間帯になると一斉に釜ヶ崎の人々が公園に集まり出すのです。犬を連れて奇声を発し続ける元気なおばあちゃんや、上半身裸で殴り合いの喧嘩をする陽気なお爺さん達など、公園は一気に活気づきます。

この公園には実権を握っているリーダー的存在のおじさんがおり、休日のディズニーランドの「スプラッシュ・マウンテン」ばりの行列だった炊き出しの最前列に「あんたは並ばなくてもええよ☆」と、独断で秋國さんをエスコートしてくれました。ここでは若い女性はVIP待遇なのです。はじめは新参者なんかが入れる場所じゃないと思っていましたが、常連のおじさんたちはとても優しく接してくれて、緊張の糸が解れました。

公園内のベンチに座り、2人で炊き出しを味わいました。

野菜スープにご飯をぶっ込んだ豪快な飯なのですが、子供の頃に食べた懐かしい給食の味がして、大変に美味でありました。食器とお箸は洗って、ボランティアの人達に返すシステムになっています。とても貴重な体験ができて良かったです。

さてさて、公園を出ると、そのままアーケード商店街(萩之茶屋本通)の方へと足を運んでみて下さい(ラッパーSHINGO☆西成さんの巨大な看板が目印)この商店街をまっすぐ直進した先にあるのが「鉄板焼 ホルモン やまき」です。

一本70円の串に刺さった熱々のホルモンは、備え付けの謎の赤黒いブヨブヨした液体に浸して食べることができます。大阪在住のアーティスト、高須健市さんとご一緒した時には「これ何の肉ですかね?」と幾度も尋ねられました。本当に何の肉なのか解ったもんじゃありませんが、猛烈に美味いことには変わりないです(あまりにも美味いので、非合法的な隠し味でもあるのかと伺ってしまいます)ビールと一緒に死ぬ程食っても、1人の予算は1000円程度。この深いコクと味わいは数日間口の中に残り、忘れることができません。まさに西成のソウルフード!

魅力満載の西成区、あいりん地区、如何でしたか?大阪へ起こしの際には是非立ち寄ってみて欲しいパワースポットです(ただし、あまり深入りすると危険なことも色々とあるのでご注意あれ...)




!!!展覧会告知!!!

大阪梅田から徒歩15分、ART SPACE ZERO-ONEにて「美術食堂」というグループ展を開催致します。これは「食」をテーマにした展覧会です。

5月31日(日)17:00〜のオープニングは、どなたでも無料で、ハンバーガー&フライドポテト食べ放題、ソフトドリンク&アルコール飲み放題です。食の街大阪で、アートを鑑賞しながら食い倒れて下さい!お待ちしております!!

http://bijutsushokudo.com/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

笹山直規

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。