HIT! ストリート・アート(3)

No.003
表紙写真・著作者 Jesse Clockwork



ストリート・アートのススメ

その3 ステッカー

宮下公園から原宿に向かう道中は、通称「ステッカー・ストリート」と呼ばれており、自作された様々なステッカーが公共物などに貼られている。


ステッカーが張り巡らされた椅子。



赤いステッカーで下地を作って、ワンポイントで黄色いスマイルマーク風のステッカーを張っている。



標識にも、グラフィティとステッカー。



凝ったキャラクターのステッカーも目を引いた。



これらのステッカーは、実際に販売されているそうです。



支持体全面をステッカーで覆い尽くした作品。ここまで独占されてしまうと他者が入り込む余地がない。自作だけでスペースを囲ってしまう力技だ。



 
一本の電信柱には様々な格闘の歴史がある、と武内リーダーは語る。 

目立つ箇所にステッカーを貼っても、直ぐに剥がされたり上から違うステッカーを貼られたりするそうだ。だからといって手が届かないくらい高い場所に貼ると、通行人の視線からは作品が消えてしまう。ポジション争いの攻防戦は現在も続いている。



最上部に貼られたスケボー少年のステッカー。この界隈では、ここの箇所にしか貼られていない。きっちりとポイントを定めた上手いやり方だ。


point!

あちこちに大量のステッカーを貼る行為はダサい。ここぞというポイントを探り当てて貼る、そのセンスが重要である。 



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

笹山直規

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。