勉強が好きなうさぎちゃんでもいいんじゃないか

4月に入り、新しい年号の発表や商品の値上げという重大な(私的には年号はそんなに重大ではない。むしろなくしてほしい)ニュースがあって私自身私生活にも色々な問題があったりとてんわやんわしている感じだ。


タイトル名は「勉強が好きなうさぎちゃんでもいいんじゃないか」なんだけども、私はセーラームーン世代でセーラームーンがとても大好きだった。(好きなセーラー戦士はセーラーマーキュリーなんだ(*'ω'*))

セーラームーンが使う変身コンパクトやロッドにはピンク色を使われることが多くて、ピンクが嫌いな私は買っても直ぐにグッズを売ることが多かった。

最近ガチャポンでセーラームーンのグッズで昔おもちゃにあったギミックが再現されるとのことでかなりガチャを回した。https://gashapon.jp/sailormoon/   (この中のメモリアルアーティクルというのを)

全部集まって、グッズをいじっていた時になんでピンクが嫌いになったのか、考えてみた。

私の好きな色は青系が好きでよく青系や緑系の服を着ていたんだけども、私が恋愛をすると祖母からピンクの服や小物を「恋愛運が上がるから」と言って、よく渡されていたりしてた。後は妹から「お姉ちゃんはピンクが似合う」と言ってきてピンクのバックをプレゼントされたり(物を貰うことは嬉しかったけども)そういうことの積み重ねでピンクが嫌いになったんだろうと思った。

よく恋愛をしてきたらよくピンクを渡してきた祖母は、恋愛話が嫌いな私に「ボーイフレンドは出来た?」と言ってくる人だったのでよけいピンク=恋愛の色と思い込まされていたりした。(後は世間でピンク=恋愛のイメージが強すぎるのもある。)

そこから10年ぐらい経ってセーラームーンのギミックが再現されたガチャが出てき、ガチャを弄って思ったことは「確かにそもそもピンクが何故恋愛の色なんだろ?別に青とか赤でもいいのに。」と思い始めた。

そういう考えが出てから、ピンクに対する嫌悪感が薄れてきた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

この記事があなたの考えの参考になったら嬉しいです!
2

ねこまんま

自分の気持ちを分かるためにnote始めました。主に機能不全家族のことについて書くことが多いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。