昼寝をしている間だけ

柔い光の中で
虹と繭を作っていた
優しいラクダのまつ毛の長さを想い出しながら
ゆっくりと足から繭に包まれていく
うとうとと眠ることを許された土曜日
虹は作ることができるものだと
信じたかったし
昼寝をしている間だけでも
ファンタジスタになりたかった
昨日何をしていたの
とか
最近元気でした?
とかいう質問に対して
虹を作っていました
絆創膏の創って
創作の創ですね
相変わらず絆創膏だらけですが
光の中を自由に泳ぎ回っています
そんな風に答えられたらなんて思っている

そんな 土曜日の午後

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

長尾早苗

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。