パラボラアンテナ

月がこんなにきれいじゃなかったら
愛なんて知らずに済んだのにな

何通もの手紙をあなたと送りあいながら
私はひとりで
写真に遺せない星空を見上げる
前は星を見上げるなんて習慣はなかったのに
あなたに似てきてしまったんだろうか

きみしかいないんだ
と言われて
私の心の中では
一面の星空の中から
一筋の流星が降ってきた
それは私の涙で
あなたからの手紙だと思う

パラボラアンテナってさ、宇宙からの電波を全部受け取ってるんだよ。この配管でそれを発信したり受信したりしているんだ。
すごいね。宇宙に発したメッセージ全部を受け取っているなんて、SFみたいだね。星がひとつひとつ光る文字になって、連なって、ことばになって、流星群みたいに地球に落ちてきて、誰かへの手紙になっているんだね。

私達
とっても孤独だったから
抱きしめあって月になった
もともと生きることなんて面倒くさいんだから
ひとりよりも
ふたりのほうがいいなと言った

私達は指先で
月から
パラボラアンテナにメッセージを送る

my_object = {};
my_object.hello = function( frame )
local str = "Hello World !"
return str
end
return my_object

こんにちは、世界!
孤独すぎるふたりを許してください


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

長尾早苗

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。