フォトウォークとかいうやつ

私は趣味でたまに二眼レフを撮るのですが。
先日ツイッターで絡ませてもらっている方がフォトウォークをいうイベントを主催すると聞いて、喰い付いてきました。
あらかじめ言っておきますが、現時点でこのテキストには写真がありません。
なぜならまだ現像できていないから。ふふ。

はい、それでね、二眼をやるといってもはっきり言ってカメラの知識、写真の知識は皆無なんです。
f値とかいまだに良く分かってない。
構図?何それ?みたいな感じ。
そんなんでもだいじょぶなのかなー?と思いつつ、でも楽しそうだからえいやー!って参加を決意。

当日、そのイベントにはなんと70人程の人数が集まってました。
この中であらかじめ面識があったのは、会ったことは無いけどツイッターで知っている主催のたけしさん

と、リアルでよく遊んでくれるはちさん

だけ。

良く考えて下さい。
別にカメラガチ勢でもない人見知りの私が乗り込むには、あまりにもハードルが高過ぎだったんですよ。
そのことに当日気が付きましたよね。
でも時すでに遅しです。もう楽しむしかない。

7人前後の班を10組作ってそれぞれ好きなルートをお散歩するということだったのだけれど、上記の二人以外と一切の面識がないことをたけしさんが考慮して下さり、主催のたけしさんと同じ班にしてくださいました。
なんという神対応でしょうか。それだけで安心感が全然違う。

当日の流れは、
東京駅に集合してまずは点呼。
注意説明。そして集合写真。
その後各班に別れてフォトウォーク開始!という感じでした。

先ほども申し上げました通り写真がありませんので、こっからはぼんやりとした感想を。

取りあえず、めっちゃ楽しかったです。
実は集合した時に「あ、やばい」って思ったんです。
だって、みんなカメラが本格的なうえに複数台持ちしてるでしょ。
そのうえなんかお洒落さんばっかなんですよ。
私、めっちゃ場違い~って思いました。
でもね、みんな底抜けにいい人達ばかりだった。

はじめましての人たちがフォトウォークでする会話って言ったら、やっぱりカメラの話なんですよね。
でも、私はカメラの事が本当に何も分からない。
二眼ぶら下げてるくせに、何にもわからない。
だから会話どうしよ~ってなってた。

そうなってもいい様に、一応保険として趣味のけん玉を持って行ってたんです。
はじめから腰に下げる勇気は無かったから「けん玉が趣味で~」って前置きして、途中で腰からぶら下げてみたりして。
けん玉って興味なくても取りあえずみんな知ってるものではあるしネタにはなるかなって思って。
そしたら興味津々でけん玉の話を聞いて下さった方がいて、ものすごく救われました。

けん玉の話が出来た時に「カメラの話は分からないけど、会話は出来るぞ…!」と安心し、みんなでわいわいお話しながらふらふら歩き回りました。
(写真も撮って頂いたので自慢させて)



↑この失言ずっといじられたけど、楽しかった

皆さん、たくさんお写真撮ってらっしゃいました。
カシャカシャとカメラを構えてる姿がみんなかっこよかったなぁ。
私はと言えば、二眼だから露出計でいちいち光度計んなきゃいけなかったり、フィルム巻き上げたり、色々設定したりしなきゃいけなくて、一枚を撮るのに時間がかかるんですよね。
なのであんまり撮れなくて、12枚撮りフィルムを2本持っていたけれど結局撮ったのは10枚のみ。
サブで写るんですも持って行ったけど、それも9枚くらいしか撮らなかった。
それでもわちゃわちゃしながら、みんながカメラを構えてる姿を眺めながら、楽しい時間は過ぎていきました。

ご飯食べたりカフェに寄ったりしながらフォトウォークを進めて行って、打ち上げ会場のある秋葉原に到着!

打ち上げ会場ではなんだかんだフォトウォークで一緒だった班の方たちが居心地良くて、みんなでかたまってまったりした時間を楽しんでいました。

美味しいごはんたくさん取って来てみんなでもぐもぐしたり。
日本酒に氷入れて飲むのめずらしいねー!ってお酒飲んだり。
腰にぶらさげていたけん玉に反応して下さった方をもれなくとっ捕まえて無理やりみんなにけん玉やらせたり。

最上級に特別なことが無くても、こんなに楽しい時間ってあるんだな~って、ほくほくした気持ちになれた一日でした。

私にとってはフォトウォークというよりはウォーク(たまにフォト)みたいな感じだったけれど、とにかく最高の一日を作れて幸せでした。

あの日、楽しい時間を共にして下さった方々、そして大きなイベントを主催してくださったたけしさん、本当にありがとうございました。
あの日の写真は現像出来次第またどこかにアップします。

もし次参加する事があれば、その時にはデジタルを持って参加してみたいなぁ。

最後になりましたが。
あの日私のけん玉で遊んだ人達へ。

取りあえずこれ買っとけば間違いないから。
また一緒に遊ぼうね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

素敵な一日になりますように♡
15

ねこのこ

ただの日記帳

日々のなんでもないことを書きたくなった時に書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。