nekoyan

海外留学4年目。大学2年間アメリカで過ごし卒業。オランダの大学中退、アメリカの大学へ編入予定。 美術館巡り、クラシックバレエ鑑賞、散歩が大好き。英語話せない、内気、保守的な人間の日記。ブログ: https://uminikki.com/

夏休みの大学生の一日

留学先から一時帰国するとインターンやアルバイトをする。
今年の夏はメンタル回復を最優先にしたので実家で過ごしている。

日本の大学に通う妹も夏休みに入り、思い思いにお互い過ごしている。

最近まで一年いた留学先では自分で感心するくらい不規則な生活をしていた。
明け方に寝てお昼過ぎに起きたり… 家族に言えば飛び蹴りをくらいそうだ。

メンタル回復と次の留学に備えて、日本に帰国してからは生活習慣改善を

もっとみる

夏、お盆休み ー 嵐と暮らしと

台風が近づいているようで風が強い。
窓が割れてしまうのではないかと心配するほどの風が吹いているにも関わらず、室内は32度と、相変わらずサウナだ。

実家滞在中、普段作業をしたりのんびりくつろぐ部屋はエアコンを新調したばかり。
微風だろうがおまかせコースだろうが容赦なく冷風ビームを発射してくるので寒い。とにかく寒い。

書斎で勉強しようと部屋を移動しても気が付くと思考がフリーズして目がうつろになって

もっとみる

愛されたい、じゃなくて「じぶん」でいること

ずっと自分を良くみせようとしてきた。
良くみせる、というのはテレビやSNSで流れてくるようなしぐさや表情、ファッションに自分を当てはめることだ。

男子ウケする前髪の作り方
デートにぴったりのファッション
先輩にかわいがられる話し方、メールの返信
周りと差をつける髪型、制服の着こなし方

毎年、毎シーズン更新される流行を追いかけているのか、追いかけまわされているのか、とりあえず流行おくれ認定されな

もっとみる

「思い」をはかる時間 - 恋

親戚の家にお邪魔した。
夏休み、お盆の毎年恒例だ。

道路は渋滞で普段の1.5倍ほど時間がかかったが、無事到着。
一緒に来た母、妹と迎えてくれたおばあちゃんたちとお昼ご飯を食べる。

おばあちゃんがそういえば、と話し出した。

〇〇くん、結婚するんだよ

〇〇くんとはいとこで私より7つほど年上だ。
最後に会ったのは私が中学生のころだった。

彼は今年30歳。
彼の上司がキューピッドとなり素敵な女性

もっとみる

日常にロマンチックを

ロマンチックなもの、ノスタルジックなものを徹底的に追い求めて行くと、もっともロマンチックでないもの、もっともノスタルジックでないものに行き当たる。

これは岸政彦氏の「断片的な社会学」に出てくる文章だ。

本来そこに存在することに疑問を持たれない、あるいは存在することすら気づかれないものが一番ロマンチックということだ。
ロマンチックということばは、甘くてはかなくてうっとりしていて存在そのものが人を

もっとみる

丸いフライパンのたまごやき

弁当のたまごやきはいつも丸いフライパンで母が作ってくれていた。
たまごやき用の四角いフライパンは家になかった。
単に使い分けるのがめんどくさい、四角いフライパンの用途が他にない、などの理由からだろう。

丸いフライパンで焼いたたまごやきは形が少しいびつだった。

両端は生地が足りてなくて薄っぺら、真ん中はほわほわでふかふかしている。
味付けは少し甘い。

母はいつも真ん中の一番美味しいところを弁当

もっとみる