No.23 吉本伊信の内観法と医者の医務診察(入院3日目)

吉本伊信先生の内観法

また朝の一連の日課を終え朝食を食べた後、今日の日課の説明から1日が始まる。

初めて見る教官。

倉友先生というらしい。

「はい、今日は3日目です。生活のしおりに書いてあったと思うが、午前中は内観です。初日はお母さんで、小学校低学年~高学年。お母さんのことをしっかり考えるんだぞ。ガハハハハ。午後からは作文な。」

「はい」

倉友先生はカセットプレイヤーとイヤホンを出してきた。

「まずこのカセットテープを聞いて、時間が余ると思うので午後までは内観。テープは吉本伊信先生という内観を考えた先生が訳のわからんことを喋ってる内容の音声が録音されてるから、それを聞いて下さい。ちなみに午前中の間は巻き戻して聞き直してもいいからな。内観中は壁に向かって目つむって集中してやれよ。何か質問は?」

「大丈夫です」

「ガハハハ。君は優等生じゃのぅ。じゃあ頑張れの」

この続きをみるには

この続き:3,136文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
1記事ずつ個別に購入いただくよりかなり安く(半額くらいに)なるマガジンです。また、少年院や現在の私に関するご質問などの受付も可能です。

警察に逮捕されて留置場→鑑別所→少年院と社会から隔離されて過ごした施設生活を綴ったドキュメンタリー。2度の再逮捕で合計66日間の留置場...

または、記事単体で購入する

No.23 吉本伊信の内観法と医者の医務診察(入院3日目)

少年院.com

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

少年院.com

逮捕から留置場・鑑別所・少年院の生活

警察に逮捕されて留置場→鑑別所→少年院と社会から隔離されて過ごした施設生活を綴ったドキュメンタリー。2度の再逮捕で合計66日間の留置場、約50日間の鑑別所、約1年間の少年院で、合計約1年4ヶ月の生活をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。