好きなことをするために独立する?

スポーツクラブで働いていると、トレーニング指導以外の仕事もいろいろやらないとダメですね。フロントに立つクラブもあるし、プールがあるクラブではプール監視もありますね。

「俺はトレーニング指導で食っていくんだ!!」という意気込みは良いんですけど、それが「好きなことだけをしたいから独立する」という発想だと、想定外の苦労をするかも知れませんね。

なんだかんだ言っても、固定給が入る仕事っていうのは大きいですよね。休んでも収入減らないし。収入が安定しているというのは、精神的にも安定する気がします。

「好きなこと=トレーニング指導」だとすると、パーソナルトレーナーとして独立するとなると、営業しないとダメだし、確定申告もしないとダメだし、結局は、好きなことじゃないけど、やるべきことがたくさんあります。

そういった面を考慮しても、パーソナルトレーナーとして独立して活動することに意味を見出しているのであれば、それは挑戦する価値があるかも知れません(とても大変です)。

ま、個人的には独立して上手くいかなければ、拘ることなく再就職するといった選択肢も頭に入れておいてよいと思っています。

逃げ道をなくして追い込まれてこそ力を発揮するなんてことは、それで上手くいった人達の武勇伝に過ぎません。現実は大変です。

パーソナルトレーナーとして活動する上で知っておきたいこと


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

fujipan

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。