【オートチェス】運を戦略で引き込め!麻雀やドンジャラの様な駆け引きが楽しい、新しいジャンルのゲーム

★Android版👉 Auto Chesshttps://bit.ly/2LNmVzL
★iOS版👉 Auto Chess:Originhttps://apple.co/31TsVLg

 みなさんこんにちは!私、またしても時間泥棒ゲームに遭遇してしまいました。オートチェスはルールを知れば初心者でもすぐに既存プレイヤーと一緒になって遊べて、運さえあれば勝つ希望だって十分にある、そんな面白い仕組みのゲームです。多岐多様な作品が生み出されて飽和状態にみえるこのご時世に、こんな新しいゲームが生まれたのは素晴らしいですね!ゲーム好きなら食わず嫌いせず、一度は必ず触れて欲しいタイトルです!!
 ちなみに私は現時点で250戦程やっているので150時間くらい遊んでしまっているのでしょうか…楽しくてやめられません。

◆新しいジャンルの時間泥棒ゲームへようこそ

 本作は最大8人で争うバトルロイヤル。自分の手札(駒)を強化しながら他のプレイヤーやNPCの攻撃に抵抗するのを繰り返し、最後まで生き残った人が勝者となるゲームです。自動でチェスするゲームではありません!!(私はそう思ってました…)
 1試合にかかる時間は大体40分前後。敗退した時点で抜けて良いので、負けたのに最後まで残されるようなことはありません。

 このゲームの素晴らしいところは、操作がとても少なく1回チュートリアルを通せばだれでも遊べるくらいにシンプルな所にあります。ゲーム進行のためにプレイヤーがやらなくてはいけないことは2つしかありません
 ①駒を売買して手札を強化する
 ②手札の駒を盤面に配置する
あとは自動で行われる戦闘を眺めるだけ!わかりやすいですね!さあみなさんとにかくダウンロードして遊んでみましょう!!

◆これから遊ぶなら本家のAutoChess(スマホ版)

 本作は"Dota2"というゲームのMOD(有志によって作られた二次創作みたいなもの)として誕生したものなので、登場するのはDota2のキャラクターが元になっています。"Dota2"はMOBAと呼ばれるジャンルの始祖で、これを元に作られた"League of Legends"(以降「LoL」)はご存知の方も多いと思います。
 色々あってオートチェス界隈は現在戦国時代で、様々な亜種が登場しており、特に大きな3つの陣営によるせめぎ合いが話題になっています。オートチェス本家、Dota2陣営、LoL陣営でそれぞれ"AutoChess"(以降「本家」)、"Dota Underloads"(以降「Dota版」)、"TeamFightTactics"(以降「LoL版」)というオートチェス系のゲームが作られていて初めて触れようと思った方はどれを触ったらいいのか分からなくなると思います。
 そんなあなたに私がこの記事でオススメするのは、本家の"AutoChess"のスマホ版です!様々な点において他の2つに比べて優れているので頭3つ位抜けています。

 現在スマホ版(Android, iOS)がリリースされていて、近々PC版もリリースされる予定になっています。類似品がとても多く、Android/iOSで少し名前が違うので注意してください。赤いモンスターのアイコンが目印です。ストアページへのリンクを記事の最初に書いていますので、そちらからもどうぞ。

◆ガチャ運を制したものが勝者となる

 本作は、自分の手札をどう強くするのかを考える時間が大半を占めています。前半は流れに身を任せてHPとお金をセーブし、中盤は目指す最終系をイメージして準備をはじめ、終盤は溜めたお金を開放して手札を完成させるといった感じです。

 駒は毎ラウンド、ランダムにシャッフルされた5つの駒から選んで購入します。ただ選ぶのではなく「購入する」のがこのゲームのミソで、お金の使い方がとても大事になります。2G払って任意でシャッフルすることができるのですが、序盤でこれをやってしまうと後半戦い抜く体力がつけられず敗退してしまう確率が高くなります。シャッフルは勝負の行為で、巷では「ガチャ」と呼ばれています。ガチャによって狙っていた駒を引いたときの高揚感が何度も味わえるなんて、たまりませんね!?

 同じ駒を3つ集めると1段階ランクアップさせることができます。(ランク3に上げる時はランク2が3体必要です)ただし、駒の総数は決まっているので自分の欲しい駒を他のプレイヤーが確保してしまうとそれだけランクアップできる可能性が減るわけです。相手の手札はいつでも一覧表示で見ることができるので、状況に合わせて立ち回りを変えた方が良いこともあるでしょう。この駆け引きが麻雀やドンジャラに似ていてとても面白くなっています。

◆ガチャはしたいけど我慢しよう

 初心者の人へのアドバイスがあるとすれば、『シャッフルはできるだけ我慢したほうがいい』ということです。理由は二つあります。
 ①所持金を増やさないと負けてしまうから
 ②レベルを上げないとレアリティの高い駒が出ないから

<①所持金をふやさないと負けてしまう>
 お金は毎ラウンドの開始時に入手できるのですが、基本収入の5G以外にも様々なボーナスがあります。

 注目してほしいのは「利子」です。勘の良い人なら気づいたかもしれませんが、シャッフルに使う2Gは資産の純減になってしまうので、前半に使うと温存している他プレイヤーとの間に所持金の大きな差が出来てしまうのです。お金はレベルアップにも使うので大事です。序盤から散財することだけは避けなくてはいけません。例外があるとすれば、ものすごく強い人に運悪く連続で当たってしまい、もう死んでしまう!となってしまった時くらいです。レベル8以上になるまではガチャを我慢したほうが大体はうまくいきます。

 ランク1の駒は購入時と同額で売却することができるので、利子に届かない端数の分は、直近で必要ない駒であっても確保しておいた方が強化の可能性が増えるので積極的に購入していきましょう。

<②レベルを上げないとレアリティの高い駒が出ない>
 ガチャをするにしても、強い駒が手に入らなければ勝利することはできません。「1Gの駒のランク2」と「4Gの駒のランク1」が大体同じ位の強さと言われていますし、「1Gの駒のランク3」よりも「5Gの駒のランク2」の方が強いのです。だから、せっかくガチャするならレベルを上げてから勝負をかけたほうが圧倒的に強いです。
 先ほど『ガチャをするならレベル8以上』と言ったのは、レベル8以上にならないと5Gの駒が登場しないからなのです。終盤は『5Gの駒をいち早く手に入れ、重ねた人の勝ち』みたいな形相になっていくので、余程の事がない限り早期にガチャをするのは避けた方が良いという結論に達しました。

◆3位以内が勝者!逆転を信じて最後まで抵抗しよう

 本作では、3位以内に入る事が「勝利」と位置付けられていて、ランクマッチでは3位まではポイントが上昇します。(場合によっては4位でも上がります)だから、1位がぶっちぎっていても諦めるのはまだ早いのです。3位以内を目指して耐えるのです!

 ガチャ結果は本当に運なので、良い成績が残せるかどうかは、いかに序盤中盤を凌ぐかにかかっています。特に運が良くない時に手元にやってきた限られた駒の中で一番強くなる布陣を考え耐える力が求められます。
 たとえ序盤に沈んでしまっても諦めてはいけません。急に駒がそろって形勢逆転するなんてことは日常茶飯事で起こります。HP1の最下位から大逆転で1位フィニッシュなんてことも珍しくないのです。1位をもぎ取るには貯蓄が大事ですが本当にピンチな場合は利子を捨ててもガチャをまわす決断に迫られる場合もあるでしょう。そういった見極めと立ち回りの変化がオートチェスの楽しい所なんですよね!

4位でも初勝利ボーナスがもらえるので、もしかしたら4位も勝者扱いなのかもしれません…謎です。

◆とにかく新しいゲームだから触ってみて

 冒頭にも述べましたが、今生まれる新しいジャンルのゲームはそうそうありません。ゲーム好きならこんな機会を逃したらだめですよ!今すぐ触ってみましょう!!

記事を気に入っていただけたら、下部にある♡ボタンをポチっと押してもらえると嬉しいです!モチベーション上がるのでお願いします!!

#ゲーム #レビュー #オートチェス #AutoChess

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

次の記事へのモチベーションが上がります!ありがとうございます!
8

ネクロル

ゲームをやりまくるのが生きがい。プラットフォームを問わず、毎年約200位はゲームを遊んでいます。 2018年の目標は120作品と継続的なレビュー投稿。 レビュー投稿は面白い、紹介したいというタイトルが見つかったときに書くので不定期です。

ネクロルのオススメゲームレビュー

クリアまで遊んで是非皆に遊んでほしいと思った個人的な良作のレビューを書いていきます。 記事の並び順は遊んだ順番になっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。