データから考えるApp Storeのスクリーンショット

最近、デザインの勉強ばかりしている田畑(@nerd0geek1)です。

つい先日、個人で開発・運営しているアプリの更新をかけようと思ったのですが、みなさんご存知の通り2019年3月27日以降、iPhoneアプリの新規申請・更新にはiPhone XS Max(6.5inch)のスクリーンショットの提出が、iPadアプリの新規申請・更新にはiPad Pro(12.9inch)のスクリーンショットの提出が義務付けられるようになりました。

したがって、iOSアプリをiPhone/iPad向けにリリースしている場合、以下の3サイズのスクリーンショットを用意が必要に...
5.5inch
6.5inch(←New)
12.9inch(←New)

個人アプリのためにデザインを勉強しているところもあったので、ちょうど良い腕試しの機会としてスクリーンショットのデザインに挑戦してみようと思ったのですが、ここでふとした疑問が。

最近のApp Storeのスクリーンショットは

画面キャプチャのみ(Instagram)

縦型、画面キャプチャ + キャプション(Snapchat)

横型、 画面キャプチャ + キャプション(Smooz)

最初の2枚を1つの画像として扱ったもの(SHOWROOM)

そもそも最初の1枚に画面キャプチャが含まれていないもの(FiNC)

といったように様々なスタイルで作られています。

これらを見ていくうちに
どういったタイプのスクリーンショットがユーザーを引きつけやすいのか
スクリーンショットのうち、何枚目までは見られるのか
何枚目のスクリーンショットまで注力するのが良いのか
といったところが気になったので調べてみました。

アプリマーケティング研究所(2015/08/21)

まずは、2015/08と少し古いデータですが、noteでもおなじみアプリマーケティング研究所によるデータ。
上記ツイートでもまとめられていますが、

80%のユーザーは1枚目のスクリーンショットしか見ない
説明文はほとんど読まれない

ということでしょうか。
ちなみに上記記事で紹介されていたような「擬似的なApp Storeページを作成し、Facebook広告からユーザーを流し込む」というのは、App Storeのメタデータの検証では割と一般的な手法のようです(他の記事でも同様の手法を用いていた)

Growth Hack Journal(2017/10/18)

お次は、モバイルアプリ分析ツールを提供するRepro社が運営するGrowth Hack Journalより。

こちらの記事では、
アプリの詳細ページにユーザーは7秒しか留まらない
ユーザーのうち、13%しかスクリーンショットをスクロールしない
縦型の場合、9%しかスクリーンショットをスクロールしない
横型の場合、5%しかスクリーンショットをスクロールしない
スクリーンショットを拡大したユーザーはわずか3%だけ
アプリの説明文を読むユーザーはほとんどいない

といったことが述べられていました。
また、iOS11以降、検索画面にスクリーンショットが表示されるようになることで

説明文は今まで以上に読まれなくなる
検索結果に表示される3枚(縦型の場合)ないし1枚(横型の場合)のスクリーンショットが最も重要になる

といったことも述べられていました。

Growth Hack Journal(2018/03/26)

同じくGrowth Hack Journalより。iOS11以降のリリース以降の調査によるものです。

こちらの記事ではiOS11リリース以前の記事とは逆に
スクリーンショットを横型で揃えた場合、5枚目の到達率は15%
スクリーンショットを縦型で揃えた場合、5枚目の到達率は11%
スクリーンショットを横型で揃えた場合、インストール率は18%
スクリーンショットを縦型で揃えた場合、インストール率は13%

と数値的には横型のスクリーンショットのほうが良いインストール率につながっていることが述べられていました。

それ以外にも
スクリーンショットをストーリー仕立てにするなどしてユーザーがアプリの内容
 やアプリによるメリットを想像できるように

読みやすいサイズのキャプションに短く明確なメッセージを
視覚的要素(ズームアップなど)を利用して伝えたい機能の強調を

といったことが述べられていました。

まとめ

ここまで出てきた内容をまとめると
一般的に縦型より横型のスクリーンショットのほうがパフォーマンスは良い
ただし、縦型なら検索結果に3枚表示させられるが、横型なら1枚のみ
縦型なら3枚目まで、横型なら少なくとも1枚目に注力すべき
説明文はほとんど読まれないので、説明文に注力するよりスクリーンショットに
 注力すべき。

といったところでしょうか。

個人で開発・運営しているアプリがツール系アプリであり、ツール系アプリは基本的に検索からのダウンロードが主であるため、Smoozのような横型スクリーンショットか、SHOWROOMのように3枚のスクリーンショットで訴求をしていくスタイルが良さそうです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!🙏
16

田畑浩平 | iOS Engineer

大学は経済学部、今はスタートアップでiOSエンジニアやってます。CI/CDを含む自動化大好き。経済学 x 家庭ハックの記事や3Dプリンタに関する記事、デザインの練習について書く予定です。

写真使ってくれた方々のnote

みんなのフォトギャラリーにアップ中の写真を使用して下さった方々ありがとうございます!アイキャッチに使用して頂いた記事を随時追加中!note外でのご使用はストックフォトサイトからどうぞ。使用時リンク記事に大体販売先掲載してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。