#10 Youtuberやラジオから見る未来予想図 【じっくりコトコト、脳みそノート】

クラッシュ・ロワイヤルっていうゲームを知っていますか?

リリース当初〜(多分)1年くらいまで自分もやっていたのですが、そこから最近までずーっとやめていました。

ちょっと前から暇つぶしがてらに再開してみまして。同時に、ゲームYouTuberであるきおきおさんやドズル/Dozleさんなどの動画も観るようになりました(YouTubeは時間泥棒)。

色々観ているうちに、ドズル/Dozleさんが副業YouTuberから専業YouTuberになっていたことを知りました。おめでとうございます。

そこでふと、YouTuberといえば、HIKAKINさん含めて副業スタートが基本だよな。

って、思ったんですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2010年代の序盤とか、「兼業」って結構珍しい文化でしたよね。

でも、今では当たり前になっている。これってスゴいことですよね。早い。

バーチャルYouTuberが出てくる中、顔出しYouTuberも自分の立ち位置を確保していて。これって音声入力化していっているブロガー的には、ものすごく、やりづらい。のではないかと。…むしろこれは今更なのかな。

ある時期まで、「ブロガーはYouTuberになれ」みたいな言葉を見た覚えがあるけど、完全にそれは“正しかったな”って思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近は声による発信への興味も湧いてきて、じゃあ自分にできることは何だろう?と考えることが増えてきました。

実践するにせよしないにせよ、副業を選ぶにせよ専業でやりたいことをするにせよ、未来予想図という「次の一手」をどうするか。

副業が当たり前になった時代だからこそ、自分が手を伸ばせる範囲を認識して、始められることから順次始めていく。

もはや「ベストの選択」とか、ないのかもしれない。「とりあえずやってみる」がより重要になってくるのではないのかな、というのが現状の未来予想図です。



(個人的には集団でのラジオとかそういう“コミュニティ”の定期配信がもっと増えていくのでは。より小さいAbemaTVみたいな感じのものが当面は増えてくるのかな、「今観ることに意味がある」みたいな“ライブ感”が重要になっていくのかな、とか思ってます。ただ、「続けること」以上に大事なことってやっぱりないのかな、とも。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。