#17 韻ノートでラップツイートしてみたら思った以上の完成度だった 【じっくりコトコト、脳みそノート】

Twitterのリプライでラップ的な文章を書くことがあるんだけど(ほかにリプライでラップする腐れ野郎、他に、いますかっていねーか、はは)、結構時間が取られるんですよ。

5分以上かかるときもあるし。実は意外と大変なんです。考えれば考えるほど“即興感”もなくなるからあんまり考えたくはないんですけど、言っても素人ですから。ラッパーじゃないですから。

で、韻ノートってサイトがありますよね。ちょっと前に誰かがツイートして結構な人に認知されたやつです。

5文字以上のキーワードを入れて検索すれば、その母音と一致したワードを表示してくれる、韻を考えるためにかなり便利なサイトが韻ノート。

実生活で使う人ってそう多くないですが、Twitterではすきあらばラップバトルを仕掛てくる人がいます(ポケモントレーナーか)。

だからTwitterで使ってみました。

完成度スゴない?(it’a true wolrd.狂ってる?それ、誉め言葉ね。)

これ、全部即興50%、韻ノート50%くらいの割合で押韻(ライミング)しているんですけど、やっぱり日本語ラップって6文字以上のワードの母音が一致していると「おっ」ってなるんですよ。誰にでも分かりやすい、というか。

Twitterでかっこいい返信がしたい人はぜひ韻ノートを使いましょう。

ライターの人も、こういう「言葉の響き」を意識して文章を書いていくと、もっと読みやすい文章になるかと思います。ただ、この辺は経験がものをいうあれだと思うので、程々に。自分は今年中にある程度“押韻文章術”をマスターして、響きの良い文章を書けるようになっている予定です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。