#7 どうでも良い“力”が自分を作る 【じっくりコトコト、脳みそノート】

普通に生活をしている人間なのだから、人よりも優れている点くらい、いくつかある。

1. 人よりもすぐ寝落ちできる…寝落ち力
2. 聖母・深川麻衣の推し具合…聖母推し力
3. とりあえずすぐにAmazonで買う…すぐ買う力

など。その道の権威・一番ではないにしろ、自分には少なくとも3つは普通の人よりも優れていると思える点がある。

「多動力」とか「企画力」とか、目に見えて“良いな”って思える能力じゃないって?

そんなことを言っても仕方がない。し、「別にいらなくない?」っていう能力こそが、実は自分を形作っている。だからそれで良い。

自分を形作るモノに目を向けてみると、色んなことが分かる。

すぐに寝落ちできるってことは、どこでもどんな姿勢でも寝られるってこと。

聖母・深川麻衣を推していることで、聖母周りの映画やイベントなどをキャッチでき、情報収集能力が向上する。

すぐにAmazonで買うのが習慣化しているため、変に「待ち」の時間を設けないため、最大瞬間風速になっているものをリアルタイムでキャッチできる。

こういう一見どうでも良い“力”が、自分という人間の「個性」を作っている

人と違う“個性”を認識すると、自己の確立に繋がる。そうすると、ちょっとした自信が生まれてくる。

個性の方向を理解して、長所(と思った部分)を伸ばすための努力を続けると、その積み重なった自信が小さなアイデンティティに変わっていく。

色んなどうでも良い“力”を、少しずつ積み重ねていく。

そうした頑張りを繰り返していくことが、自分を大きくしていくんじゃないかな。

そんなことを信じて、今日も自らの“力”に磨きをかける。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。