ヲタ奴隷80人は事実ではない!後藤真希の元「ファンの友だち」がごっちんヲタに伝えたいとても大切なこと


昨年の秋頃、初めての自伝『今の私は』を出版ということで、そのPRも兼ねて多くのバラエティ番組に出演していた後藤真希。そういったバラエティで彼女が度々口にして出演者を驚かせていたのはアイドル時代から今に続くまで、一部のファンと遊んでいるという話だった。

後藤真希ファンの間ではアイドル現役時代の頃から2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の狼板(ハロプロに所属、または出身のアーティストの話題を扱う雑談板)で、「後藤真希にはヲタ奴隷がいる」とまことしやかに囁かれてきた。

でも、そんなものは憶測の域であって、本当のところはわからないままのはずだった。ところが今回、ファン80人くらい集まってバーベキューしたなどと本人の口から語られたことによって、「80人ものヲタクを奴隷として侍らせていたのか」と憤る声や、裏切られた失望したとか、思い出を汚されたというヲタクたちのコメントで狼板は一時荒れた。

あれだけを見て多くのファンがそう思う気持ちもわからなくもない。しかし、メディアで伝わったイメージや情報と、実際の出来事とは大きくかけ離れている。なぜそのように言えるのかというと、ぼくは実際に後藤真希の「ファンの友だち」だったからだ。そしてネガティブに広まってしまった印象を正したいと思い、今回名乗りあげることにした。

正確に言うと、ぼくは2003年から2005年までの後藤真希の「ファンの友だち」をやっていた。当時は週に3回くらいは会って遊んだりしていたと思う。

ただ予め断っておくと、ゴシップネタや暴露話をするつもりは一切ないし、誰が後藤真希と繋がっていたとかそういう他人の話もしないし聞かれても答えない。

あくまで自分のことと、「ファンの友だち」とはどんなものだったのか、そして後藤真希が自分のファンのことをどう見てたのか、この3つのことだけを書く。

しかし、個人名をあげないと言っても後藤真希本人のことはどうしても触れないと話にならないのでそこは書かせていただくが、ファンと遊んでいたことは本人がバラエティでも自伝でも散々話していることなので、そこを「ファンの友だち」側からの視点で語るという点だけにおいては許してもらいたい。それにこれはぼくの20代の出来事としてあまりにも大きかったことなので、振り返ってまとめてみたい気にもなった。こんな機会でもなければおおやけに明かすことはなかっただろうしね。

そして、この文章をどうか当時ごまコン(後藤真希のコンサート)に参加して「ごっちん最高!」コールをしていた人たちに読んでもらいたい。なぜなら、あなたたちが応援していた後藤真希は、あなたたちを決して裏切っていないし、後にも先にもこれだけファンを愛していた国民的アイドルはいないからだ。断言してもいい。ぼくは当事者の立場からそれを今から証明しようと思う。

ぼくが「ファンの友だち」になった経緯

少し長くなるが、まずはぼくが後藤真希の「ファンの友だち」になった経緯を語ろうと思う。しばしお付き合いいただきたい。

※2019年1月にもっとも多く読まれたnoteという事でありがとうございます!どのような読まれ方をしても構わないと思っているのですが、反響、ご意見もたくさんいただき、「すごく感動した」というひともいれば「見たくなかった」という方も当然いらっしゃいました。もう十分な方々に読んでもらいましたし、賛否両論あるものですから見たくないひとには目に触れないように課金フィルタいたします。今後は読みたい方だけ読んでいただければと思います。たくさんの方に読んでいただき、誠にありがとうございました!

※2019.3  画像を追加いたしました。

この続きをみるには

この続き:10,947文字/画像9枚

ヲタ奴隷80人は事実ではない!後藤真希の元「ファンの友だち」がごっちんヲタに伝えたいとても大切なこと

ねりな

590円

このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし面白く感じたのなら100円でもサポートしていただけると、今後の励みになります!

嬉しいです・ω・
272

ねりな

note編集部のお気に入り記事

様々なジャンルでnote編集部がお気に入りの記事をまとめていきます。
3つのマガジンに含まれています

コメント4件

興味深く拝読させていただきました。
後藤さんがファンを大切にしたい気持ち、多少は理解しました。
ただ事務所を通さず、居酒屋の常連だけでバーベキュー会をやっていいのか、
そもそも後藤さんのコンサートを見に来たファンは2000人いるのに、
そのうちの居酒屋常連の80人だかと、プライベートな時間食事したりと、
果たしてファンに対して平等に接する行為だったのか、疑問に感じます。
今現在の地下アイドルならば多少は見逃して貰えた行為でしょうが、少なくとも当時はテレビに出まくってた有名芸能人がやる行為とは思えません。
ちなみに当時から居酒屋常連やヲタ奴隷なる存在は知っていましたが、
そこに加わる行為はさすがに違うんじゃないかと感じ、行きませんでした。
まあ新参は警戒されるとのことで、正解だったかと。
いずれにしても厳しく言えばハロプロ村のコアな住民が勝手にやった行為としか思えませんですし、
褒められたことでは無いとも感じます。
気分を悪くしたのならばすみません、と謝罪はします。
>てっちゃんさん
賛否ある出来事ですので、そういった意見も当然だと思います。事務所を通さないで会うとか、全然フェアネスではない。だからこそ公には語るひとはこれまでいませんでした。しかし、時間が経ち後藤本人がそのような過去を口にするようになりました。ただ、それがあまりにもネガティブなイメージになっていたので、そんな感じではなかったと当時の一当事者として語りたかった。その思いだけです。
たしかに公平ではないでしょう。もし後藤真希が神のような存在だったら、全てのファンにフェアに接することもできたはず。
そうではなく、非常に未熟で不器用でどうしたら良いのか模索している人間味あるところがぼくは好きでした。まあ、それが一番言いたかったことかな笑
全然嫌な思いなどしてないです。丁寧なコメントありがとうございました!
楽しく読ませていただきました。ヤンサンに出演されてたんですね。今その回見てます。玲司先生やおっくんたちを前に流暢に話されていて流石です。また文章楽しみにしております。
ハロヲタの女子高生です。ただただ読んでいて凄い凄いと思いました。本当にびっくりです。ねりなさんも、側近の女の子も、そして何より後藤真希さん、後藤真希さんの御家族…みんなすごいなあと。
私も後藤真希さんはかっこよくて素晴らしいアイドルだと思っていましたが、正直ファンと遊んでいたと言われるとそこに関してはあまり良いイメージはありませんでした。今と昔は違いますし、何より後藤真希さんだからこそのことだと思いますが、印象がガラリと変わりました。知れてよかったです。

うまく言えないのですが、この文章を読ませていただいてなんだか分からないけど感動しましたということが伝わったら嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。