靴べら

#ポエム #詩

いつも同じ場所で待っている
いつ逢えるのかもはっきりとわからない

不意に身が軽くなるのを感じる
あの人の身体
綺麗に磨かれた真っ黒な革靴
その狭間にわたしはそっと身を割りこませる

ほんの一瞬かもしれないけど
一枚の布越しに伝わるあなたのぬくもりと
窮屈さゆえに全身を貫く安堵感

そして満足げに思い切り深呼吸をするの
「でもやっぱクサっ!」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

neritakanaction

気まぐれポエマー

誰に向けるわけでもない、内省的な気まぐれポエム
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。