見出し画像

サッカー4級審判日記(2019年度5試合目)

第1試合 主審
我が軍、前期公式戦最終試合。
前半終盤に先制。
士気も高まりこのままイケるかと期待したが、後半序盤で同点に。
このまま試合終了かと思った残り1分、中央突破からの逆転打。
残念。

しかしこの蒸し暑さはキツい。
正しいジャッジにはどんなコンディションでも平静を保つ体力が必要。

【本日の学び】
試合前、師匠から三十罰についての話を聞く。
三十罰とは、PK、退場、出場停止。
ペナルティエリア内での決定的得点機会阻止の際に適用されるが、近年はレッドカードではなくイエローカードが出されるようなルール改正となったそうだ。
これの判断が難しい場面に遭遇したと。
同じ状況に直面した場合、正しいジャッジができるか、オレ。

4

タコヤキ3号

人事を尽くして天命を待つ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。