【セカイは今】タイ名物「トゥクトゥク」に異変

タイ名物で観光客にも人気の“トゥクトゥク”が大きく変わろうとしています。

========================

リズミカルなエンジン音が名前の由来となっている「トゥクトゥク」。
カラフルな車体は観光客に大人気です。

●カナダからの観光客
「楽しい。観光客にはいいわね。エキサイティングな乗り物だわ」

ただ市民の間では批判もあるようです。

●バンコク市民
「煙と臭いがすごいから、空気を悪くするわ」

●バンコク市民
「汚いし、うるさい」

ガソリンや液化天然ガスを燃料としていますが、老朽化した車両も多く、走行中の排ガスや騒音を快く思っていない人も少なくありません。

こうした声を受け、タイ政府が打ち出した政策が・・・。

●タイ政府アドバイザー/モンクット王トンブリー工科大学アピシット准教授
「トゥクトゥクを電気自動車化すれば大気汚染を減らせるし、省エネにもなる。」

タイ政府は全国で走行中の2万2000台のトゥクトゥクを5年後の2022年までに、すべて電気自動車「eトゥクトゥク」に切り替える計画を発表したのです。実現すれば年間で2万トンの石油消費の削減につながるということです。

すでに「eトゥクトゥク」の開発を進めている企業もあります。

この試作車の場合、2時間半かけてフル充電すれば、80キロ走ることができ、1キロあたりの燃費はこれまでの半分程度におさえることができるということです。

●アーバン・モビリティ・テック クリッサダーCEO
「臭いなし、煙なし、音もなし! 街を走るすべての車がこんな風になったら
 素晴らしいと思いませんか」

タイ政府はeトゥクトゥクへの買い替えや改造を促すため、第1弾として最大で35万バーツ、日本円にしておよそ120万円の補助金を支給し、来年中に100台を切り替える計画です。

突然の発表にドライバーたちは・・・。

●ドライバー
「充電に時間がかかる。どこで充電するの?もし途中で電池が切れたら?」

とはいえ、タイ国内の電気自動車の登録台数は、まだ、わずか67台。充電スタンドもほとんどありません。

大雨や道路の冠水が多いため、故障の懸念もぬぐえません。

また独特のエンジン音がほとんどないため、「静かに走るのはトゥクトゥクではない」と、物足りなさを指摘する声も。

トゥクトゥクならではの魅力を残しながら、環境に優しい乗り物に生まれ変わることができるのでしょうか。


ありがとうございます!ぜひシェアもお願いします
26

現場から、 ~TBS NEWS~

TBSテレビ報道局が運営するnoteです。記者個人noteやNEWS23スタッフnoteなどをまとめています。公式WEBサイトはこちら→http://news.tbs.co.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。