タイ南部国境県テロ取材「今日も現場にいます」

54
ノート

仏教国タイなのにイスラムの地 Chapter 1 「3等列車で戒厳令下の町へ」

取材という気合いはなかった。実のところ物見遊山。2004年3月26日、タイ国鉄のバンコク中央駅(フアラムポーン駅)から軽い気持ちで夜行列車に乗り込んだ。その年の1月5日、突然のテロ再発を理由にパッターニー、ヤラー、ナラーティワートのタイ南部国境3県20郡に戒厳令が敷かれ、本業である日本語情報紙の仕事で爆破だ銃撃だというテロニュースを扱いながら、「そろそろ行ってみようかな」と思い立ったからだ。予約し

もっとみる

Chapter 2 本当にテロ、結局は取材

「どうしてこんな危ないときに来るのよ」。
旦那の店に行くと、当時はまだ旦那と共に店を切り盛りしていた奥方が呆れながら出迎えてくれた。
「何しに来たの? 取材なの? 遊びなの?」
そもそも外国人にとって、スンガイコーロックは女遊び以外にたいした用はない。もとより取材という気分ではない、ただの物見遊山だ。これから夜にかけての魂胆など、奥方にはバレている。「取材です」と格好つけてみようか、「遊びです」と

もっとみる

Chapter 3 タイのムスリム人口が分からない

スンガイコーロックは20年以上も前から縁があった。90年代、バンコクから夜行列車に乗ってスンガイコーロックへ、さらに徒歩でマレーシアに越境するという旅行を、3カ月おきに続けていた。町と同じ名前のスンガイコーロック川が国境を成し、タイ側の川辺にはスラムのような古びたムスリム集落が広がっていた。ちなみにスンガイは「運河」を意味する。

 ある日、その集落に入り込んで住民にカメラを向けていたら、バイクタ

もっとみる

Chapter 4 地元ムスリムを巻き込んで身柄拘束

「南部国境県のテロを追ってみよう」。スンガイコーロックでの事件の3カ月後、気合いを入れて列車で再びやってきた。今度はエアコン2等座席だったが、帰りは席が取れずにまたもや苦痛のエアコンなし3等座席に。

 スンガイコーロックの隣にスンガイパーディーという町がある。このころ、マレー系分離独立派組織はイラクのイスラム過激派の影響を受けてか、仏教徒住民を殺害・斬首するといった凶悪テロに走っていた。特にスン

もっとみる

Chapter 5 独立も当然? 人口の過半数はマレー系

南部国境県の現地での取材は年に3~4回。鉄道を止めてバンコクから車で取材に出掛けていた頃もあったが、食事とトイレ以外休みなしでひたすら走っても15時間、休憩を取って余裕なんてかましていると20時間もかかるので、そうそう行っていられない。この数年はタイ南部最大の商業都市であるソンクラー県ハジャイまで空路、そこでレンタカーを借りて南部国境県へ、という楽な移動に慣れてしまっている。飛行時間は1時間半、ハ

もっとみる

Chapter 6 取材最終日にようやく事件

スンガイコーロックのオープンバーの爆破事件からちょうど1年、日付も同じ3月27日、やはりスンガイコーロックにいた。3日前の夜に南部国境県に下ってきて、今日はバンコクに戻る日。前夜まで取材になるような事件はなく、ずっとブラブラ。結構、焦っている。スンガイコーロックは2004年からの数年間、年に1~2回の割合でオープンバーやホテルなど不特定多数の被害者を出すテロが起きていたが、それ以降は2~3年に一度

もっとみる

Chapter 7 2世紀もズレていた王国成立

そもそもパタニー王国とは何なのか? 実在したのか? いつからか? 何が起きていたのか? これに答えられるタイ人は少ない。タイ領土の端も端、猫の額ほどの土地がどういう歴史を歩んできたかなんて興味ないし、知らなくても困らないのだ。それは日本人も同じだろう。琉球王国、その先住民、その言葉について、まともに答えられる沖縄県外の人間がどれだけいるか。そういう自分もしかり、沖縄どころか出身地である静岡にどれだ

もっとみる

Chapter 9 こだわりの地名由来

パタニーのことをいろいろ調べていく中でもう一つ、入り乱れた諸説を追っていった挙句に訳が分からなくなってしまったのが、「パタニー」という地名の由来だ。日本でも県や市を紹介するとき、地名の由来から始まることが多い。それはタイでも変わりない。特にパタニーを紹介する書物になると、歴史より地名の方が重要視されているのではないかと思うほど、必ず由来の詳細が書かれる。

 日本語版ウィキペディアでさえ、他言語か

もっとみる

Chapter 10 日本より身近な役人② その日に会ってその日に取材

最初に会ったときにはパッターニー県知事、その次に会ったときには南部国境県5県を管轄する「南部国境県管轄センター」長官に昇進していたパーヌ・ウタイラット氏。南部国境県についていろいろ取材しているとはいえ、こちらは一介の記者に過ぎない。県のトップである県知事などにインタビューを申し込むほど、身の程知らずではない。ないのだが、タイでは往々にして企業でも役所でも政府でも、知らないうちにトップに行き着いてし

もっとみる

Chapter 11 古より日本が登場するパタニー史

パタニーの史書には数回、日本との関わりを示す記述が登場する。日本人が想像する以上に、パタニーと日本は古よりとつながっていたらしい。パタニー王国は海上貿易の主要港として栄え、ヨーロッパ、中東、インド、中国、そして日本などと交易があった。1511年にマラッカが陥落した後は、東海岸で多大な力を持つ有数の貿易港に発展した。現地で話を聞く限り、パタニーの町には多くのポルトガル人や日本人の姿があったという。

もっとみる