各時代をパターン化

激動期のパターンを岸田秀氏の方式「対立→逆転→移行→統合」で具体的に見てみよう。今の時代の分析に役立つかもしれない。

1.飛鳥時代~奈良時代

・対立:蘇我馬子の台頭。最盛期(蘇我蝦夷と入鹿)には皇室に匹敵する勢力を誇った。

・逆転:中大兄皇子と中臣鎌足による蘇我入鹿殺害。

・移行:天智天皇(中大兄皇子)による「大化の改新」

・統合:天武天皇が壬申の乱に勝って飛鳥浄御原での新政治。古事記や日本書紀がつくられる。


2.奈良時代~平安時代(省略)


3.平安時代~鎌倉時代(ここから分かりやすい)

・対立:白河法皇、鳥羽法皇、後白河法皇3代の「院政」。藤原氏を凌いだ。

・逆転:平清盛による武士が太政大臣就任。

・移行:武士の世。源義経の華々しい活躍。

・統合:源頼朝による鎌倉幕府。


4.鎌倉時代~室町時代

・対立:大覚寺統と持明院統の対立。南北朝。後醍醐天皇が代表例。

・逆転:新田義貞による鎌倉幕府襲撃。

・移行:楠木正成によるゲリラ戦法。

・統合:足利尊氏による室町幕府。


5.室町時代~江戸時代

・対立:北条早雲や毛利元就、斉藤道三、武田信玄ら戦国大名の独立。分国法。

・逆転:織田信長による足利義昭追放。

・移行:豊臣秀吉による検地、刀狩りなど。

・統合:徳川家康による江戸幕府。


6.江戸時代~明治時代

・対立:薩摩や長州など雄藩の台頭。幕府の脅威となる。

・逆転:高杉晋作による奇兵隊の対幕府軍勝利。

・移行:洋風化。勝海舟の渡米や大村益次郎の近代軍創設など。

・統合:大久保利通による明治政府樹立。


7.戦前~戦後

・対立:軍部の台頭。東條英機。大東亜共栄圏。

・逆転:マッカーサーのGHQによる軍部や財閥の解体。

・移行:吉田茂の講和条約や経済重視路線、自衛隊等。

・統合:鳩山一郎と三木武吉による自由党と民主党の合体。


 さて、現代をどう見るか???


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

kibino

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。